記事

「バナナマン」の声

1/2

[画像をブログで見る]

 日本の食卓からバナナが消えそうである。日本にとってのバナナは輸入品で、財務省貿易統計(2019年)によると、フィリピンは輸入先として一位で、総量は84万トン、全体の80%を占める。

 バナナといえば、私はどうしても思い出す人物がいる。フィリピンの農作人の手元から日本の食卓までバナナが届く過程を追っかけた「バナナと日本人」の著者、恩師の故鶴見良行である。換金作物となり国境を跨いだバナナとアグリビジネスの品格を問う。

 フィリピンではないが、私もバナナが育つ国で生まれ子ども時代を過ごした。バナナは基本的にお金を出して買うものではない。勝手に庭になる果物である。100本を優位に超えるバナナの一房がいっぺんに熟すために食べ切れず、近所同士で配り合う習慣があったりする。実に限らずバナナの葉っぱも大活躍、弁当箱の代わりをしてくれる。バナナの葉っぱの弁当の思い出もたくさんある。

 学校の昼食時間になると、仲間内でテーブルを囲み弁当を広げるが、ここからが日本と違う。こっちだと直ぐに「いただきます」と手を合わせそれぞれで食べはじめるが、スリランカの場合は食べる前にまず決まって自分の弁当のおかずを少しずつ周りの仲間と分け合う。それが終わって初めて食につく。家庭ごとの料理法や味付けが違い、バナナの葉っぱの弁当は、子供にとっての多様性を学ぶ上で大切な教科書である。

 いったん実がなったバナナの木は朽ちると、その根っこから新芽が出てきて次の木が勝手に育つ。バナナと人間の間で途切れることのない優しい豊かな関係が続いている。

 日本でバナナはその昔、今でいうメロンのような、病気にでもならないと食べさせてもらえなかった贅沢品だった。しかし今ではその面影はなく、人びとはバナナに対して取り立て有難味を感じているとも思えない。

 換金作物となったことで、日本人も遠い国で育つバナナを食べられるようになった。しかしバナナと文化的な結びつきをもつ人々について誰も知らない。寂しいことでもあり、もったいない。

あわせて読みたい

「輸入食品」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。