記事

「新しい生活様式」を読んで戦時国策スローガンを思い出した話

緊急事態が(予想どおり)延長されることになったが、そのさい併せて「新しい生活様式」なる摩訶不思議なお達しが発せられた。

「新しい生活様式」の奇怪さについて語りだすときりがないので、ここでは「日常生活の各場面別の生活様式」という項目で述べられる内容に絞る。そこには、食事のさいに向かい合わせはやめ横並びに着席せよ、おしゃべりは控えて料理に専念せよ、などと記されている。感染予防という大義名分があれば、個人の私的な領域における行動にまで指図する権利がある、というわけだ。まるで戦時国策スローガンみたいだ。

戦時中の国威発揚スローガンといえば、「撃ちてし止まん」とか「欲しがりません勝つまでは」などが有名だ(このうち前者については、しばらく前の会見で、都知事が口にしていた)。

里中哲彦『黙って働き笑って納税——戦時国策スローガン傑作100選』(現代書館、2013年)によれば、ほかにも大量のスローガンにつくられたという。たとえば——

「家庭は、小さな翼賛会」(松下電器、昭和15年)
「国策に、理屈は抜きだ、実践だ」(日本カレンダー、昭和16年)
「買溜に、行くな行かすな、隣組」(大阪時事新報社、昭和17年)

など。どれも「含蓄」に富む。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)への恐怖と不安が蔓延する今日の社会に不気味なくらい符合する。

[画像をブログで見る]

話が逸れてしまったが、政府によるこの「横並びの食事・団らん抜き」の推奨は、なかなか興味深かった。つづきは次回。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。