記事

本質をついた大阪モデル。

医療システムの維持が新型コロナウイルスとの戦いの本質。極論すれば実はそこだけが問題ともいえる。

 その視点からすると、重症者用病棟の使用率を基準(日々60%未満)として取り上げている点、自粛解除に関する大阪モデルは本質をついたモデル。

  吉村知事はやはりセンスがいい。弁護士出身だけあって、他分野の専門家の意見を自分のものとしてかみ砕いてよく理解しているので、本質をついた政策を次々と打ち出せるのだろう。

 この感染症の死亡率からすれば(無症候感染者を入れれば1%未満というのがNY州抗体検査の結果)、感染者の累積増加が問題ではなく、新規感染者に対して医療対応ができないことが問題なのであって、そこ(重症者・軽症者を含めた医療体制の本格的拡充と感染防御用具の大増産)に手を付けず、社会の活動性を奪って社会を殺して仕舞うのはまさに本末転倒だ。

 政府やマスコミは、PCRやら何やらの煽動者に引きずられてそこを理解していない。もう一度本質に戻ってよく考えてほしい。

あわせて読みたい

「大阪府」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。