記事
  • ヒロ

どれだけ進む企業や学校でのオンラインやIT活用

1/2

在宅、テレワーク、オンライン授業にZOOM会議。この2カ月で急速に当たり前になったこれらの世界がコロナによってもたらされたとしたら時代の変化に対して背中を押してくれたのかもしれません。が、実際には正直、どうやってよいのかわからず、会議や授業の進め方もまちまちで北米ですらまだ標準化できていない状況であります。

先日、日本のテレビを見ていたら学校の先生がオンラインクラスをやるために時間をかけて教材を手作りしていました。まるで紙芝居を作るぐらいの勢いで、撮影も2-3人の先生が協力してやっているのです。これでは本来のITの意味合いからすると真逆なんです。IT化するというのはいかに効率的に作業を進めるかがキーでありますが、これでは普段のクラスより余計に時間がかかってしまいます。

例えばオンライン化授業をするならオンライン用の教材は文科省なりがベーシックプランを作って全国の先生に配布してしまえばよかったのです。ベーシックプランとは先生が個々に変化球をつけられるようなプログラムにしておき、そこで個性を出せればよいのです。そうすれば現場の先生の時間は大幅に短縮できるでしょう。学校の先生は「おらが生徒」、「おらが学校」というサル山的観念が強く教育に個性を打ち出すため教育のレベルアップを強く推進できないのが残念なのであります。

もう一つみたテレビ番組では在宅の間、オンライン授業に集中できず、飽きてテレビゲームをしてしまう子供でした。自宅に授業を見るパソコンとゲームをするスマホやタブレットが別にある場合、どうしてもゲームの方に引き寄せられてしまうのです。子供にパソコン画面の授業に集中しろというのがそもそもの間違いでオンライン授業がゲームより楽しいと思わせる仕組みが必要かと思います。

一方で日本の子どもたちは教育ITとの親和性が低いことは数多く指摘されています。「日本の教育現場のIT化が遅れている現状は、国際的な調査でも明らかだ。OECD(経済協力開発機構)加盟国生徒を対象に18年に実施された『学習到達度調査(PISA)』によると、学校の授業(国語、数学、理科)でデジタル機器を『利用しない』と答えた日本の生徒の割合は約80%に達し、活用度はOECD加盟国で最下位だった。」(日経ビジネス)とあります。

つまり、今まで教育現場で使っていなかったので今回急にコロナになってどうやって活用してよいか先生、生徒のみならず、大元の文科省ですらその準備ができていなかったために右往左往という結果になったのだろうと思います。今回の教訓です。

あわせて読みたい

「IT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。