記事

国産戦闘機開発コロナで中止へ

1/2
画像:F-2戦闘機 出典:航空自衛隊HP「主要装備」より

文谷数重(軍事専門誌ライター)

【まとめ】

防衛省、世界水準の国産戦闘機を開発計画。

・技術、費用、価値の面で開発は実現困難。

・新型コロナ禍で国産開発は放棄か。

防衛省国産戦闘機の開発を進めようとしている。世界水準のステルス戦闘機を国内開発する。それによりF-2戦闘機を更新する。公式にはその体裁を維持している。

だが、新戦闘機開発の先行きは怪しい。世界水準の戦闘機を本当に開発できるか。開発・調達費用は現実的な範囲に収まるか。F-35との使い分けも成り立つのか。そのような問題がある。

この国産開発はコロナ禍により放棄されるのではないか?

防衛予算で最初に整理されうる事業だからだ。当座の間、国家予算は社会保障が最優先となる。安全保障は圧縮される。特に防衛費のうち装備調達は大幅縮小される。そこにおいて新戦闘機開発は真っ先に中止される内容である。

▲画像 JL-9練習機 本格戦闘機を目指す以上、国産新戦闘機はいずれの面でもF-35よりも高額となる。逆にF-35よりも安価な戦闘機を求めるなら規模や能力を絞る必要がある。例えば中巴製JF-17や台湾で製造されている経国戦闘機であり練習機派生型の中国製JL-9や韓国製FA-50のような機体だ。推力6-8tの軽量戦闘機の開発ないし輸入を目指す必要がある。出典:中国航空工業集団有限公司HP「業務領域」よりJL-9。

■ 実現性が乏しい国産開発

日本は世界水準の戦闘機を開発できるのだろうか?

防衛省はF-2後継機について今なお国内開発を方針としている。

だが、目論見通りに作れるかは怪しい。

第1は開発困難である。ステルス戦闘機は米国でも開発に手こずる兵器だ。これはF-35の開発経緯が示すとおり。また露中もいまだに1機種目の実用機を実用化できていない。

経済力、工業力とも凋落著しい日本には手に負えない製品だ。仮に作れても納期も相当に遅延する。その頃には戦闘機としては時代遅れともなりかねない。

第2は費用面での破綻である。開発着手しても中途放棄となる可能性は高い。

手本があるF-2戦闘機開発すら2倍に膨らんだ。F-2は米国製のF-16を模倣再設計した機体だ。それにも関わらず価格は高騰した。開発費は当初見通しの1500億円から3000億円、単価も50億円から100億円となった。

手本もない新戦闘機は3倍以上にも膨らみうる。現状で語られる開発費1.5兆円が5兆円、単価100億円が300億円以上となっても不思議もない。

第3は価値の不存在である。

端的に言えばF-35よりも高価であり低性能の戦闘機となる。その場合は「F-35を買い増したほうがよい」機材となる。つまり製造する意味がない。

価格上昇が2倍でも新戦闘機はF-35よりも高価格だ。F-35各型の日本調達価格は100億~150億円程度だ。新戦闘機の単価100億が倍の200億となるとそれを超える。

それでいて能力はF-35に全く及ばない。日本航空産業と米航空産業の力量は隔絶している。日本はF-35を超える戦闘機を作れない。特にエンジン等の信頼性やレーダほか電子機器への実戦経験適応では全く相手にはならない。

▲画像 C-2輸送機 防衛省の装備調達では防衛産業への配慮が重視される。特に空自の航空機調達はその傾向が強い。輸送機では米製C-17とC-130が選択肢にならないよう要求性能を設定し国産のC-2輸送機を調達した。その結果、大型のC-17と同価格帯でありながら低輸送能力の輸送機が誕生した。 出典:航空自衛隊

あわせて読みたい

「戦闘機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  5. 5

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。