記事

「補償なき自粛、出口なき延長」は最悪の選択肢。なし崩し的な経済活動再開が社会の分断を招く

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日、総理記者会見にて正式に5月31日までの緊急事態宣言延長が発表されました。

「速やかに追加経済対策」 首相、緊急事態延長で会見:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58777010U0A500C2I00000/

率直に言って、今回の記者会見内容には大変失望するとともに、強い危機感を覚えています

地域によってはまだ医療資源が逼迫されているケースもありますから、緊急事態宣言の延長自体はやむを得ない面もあったと思います(全国一律には疑問ですが)。

しかしながら、よしんば緊急事態宣言を延長するのであれば、十分な補償と出口戦略が必要不可欠だったはずです。

そもそも人々の善意と自制心に頼った行動制限は、時間とともにその効力が逓減していく可能性は極めて高いと考えられます。

にもかかわらず、「1ヶ月でダメなら、2ヶ月でどうだ!」とばかりに追加支援もなしに単なる延長に突入するのはロジックが意味不明です。

実際に、安倍総理が記者会見で述べたことはほぼ従来の支援策の繰り返しと精神論。家賃補助などについて触れた部分もありましたが、

「与党での検討を踏まえて講じる」

と述べるに留まり、これには非常に多くの人ががっかりされたはずです。総理はこれまでも

「早急に」「速やかに」「躊躇なく」

などの言葉を度々用いてきたにもかかわらず、結果としてスピードも量も著しく不十分であったことから、もう安倍総理の言葉だけで自粛を継続しようという意欲を保つことは困難ではないでしょうか。

最低でも、当初の想定から緊急事態宣言が約2倍に延長されるのであれば、持続化給付金2倍、現金一律給付2倍くらいは同時に発表し、二次補正の編成を宣言すべきだったはずです。

そして結論を「先延ばし」にし、5月14日時点で解除を検討するという発言をしたものの、その判断基準・出口戦略が何なのかは明確に示されないままとなっています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。