記事

ゾンビ企業論の的外し

経済を分析するには様々な角度で、長期間を分析する必要がある。この点、最近の日経に掲載されていた議論で気になることがある。とくに、今日の経済教室にあったゾンビ企業退出論である。

ゾンビ企業が日本に多数存在していて、それが日本経済の成長を妨げているという議論に反対するつもりはない。問題は、この議論をし始めると、日本企業の多くがゾンビにならないかという懸念である。「死に損なった企業」にもいろんなタイプがある。大別すると、「死んでいて当然」という本当のゾンビと、「死に至る病気だと知らないで生きている企業」である。

「死んでいて当然」の企業には一刻も早く退出してもらわないといけないし、公的機関(証券取引所を含む)が積極的にゾンビ退治しなければならない。この点で、今日の経済教室に共感する。

それに対して、「死に至る病気だと知らないで生きている企業」はどうするのか。投資家の期待に応えることなく、惰眠(十分に儲からない事業)を続けている企業である。要するに株価が全く冴えない企業に、「死に至る病気だと知らないで生きている企業」が多い。そんな企業を安楽死させるのは忍びないし、そんなことをすれば残念ながら日本において「企業」が絶滅危惧種になりかねない。

この「死に至る病気だと知らないで生きている企業」に対して、荒療法として村上ファンド的な投資家の再来が待たれる。もしくは、我田引水ながら、経営者をビジネススクールで再教育することも効果があるだろう。

日本企業とその経営者は、欧米という手本のある「良き時代」をのうのうと生き過ぎた。それが、現在のような手本のない時代に入り、自分が健康かどうかも自覚できなくなり、気付いたときには命も危うい重病だったという事例が生じている。この数年、日本の電機業界で続発している事例が代表的だろう。

日本の経営者はこの事例を他山の石としなければならない。また、学者も、そんな企業を単純に切り捨てていたのでは、日本経済の将来に対して大きな貢献ができない。

あわせて読みたい

「企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。