記事

「緊急事態条項」よりも、まずは法律レベルの議論を

憲法記念日でした。

これに合わせて、新型コロナウイルスへの対応を引き合いに出して、緊急事態条項を憲法に盛り込むという議論をすべきだという声があります。

しかし、私はこれはいかがなものかと思います。

新型コロナウイルスへの対応については、現在、新型インフルエンザ特別措置法を用いて対応しています。

休業要請などに応じない向きもあることから、より強い権限を、という声もありますが、まさにこれは「法律」レベルの話。憲法レベルの話ではありません。

さらに言えば、現在の新型インフルエンザ特措法よりも、さらに強い「私権制限」を加えられる法制度は既に存在します。

例えば、災害関連法制、そして有事法制です。すなわち現行憲法下においても、法律レベルの対応においてかなりの強制力を持つ措置がとれるということです。

憲法を改めないと、そのようなことができないというわけでは全くありません。

法律レベルの議論がまず先です。

あわせて読みたい

「緊急事態条項」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  7. 7

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  10. 10

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。