記事

「緊急事態条項」よりも、まずは法律レベルの議論を

憲法記念日でした。

これに合わせて、新型コロナウイルスへの対応を引き合いに出して、緊急事態条項を憲法に盛り込むという議論をすべきだという声があります。

しかし、私はこれはいかがなものかと思います。

新型コロナウイルスへの対応については、現在、新型インフルエンザ特別措置法を用いて対応しています。

休業要請などに応じない向きもあることから、より強い権限を、という声もありますが、まさにこれは「法律」レベルの話。憲法レベルの話ではありません。

さらに言えば、現在の新型インフルエンザ特措法よりも、さらに強い「私権制限」を加えられる法制度は既に存在します。

例えば、災害関連法制、そして有事法制です。すなわち現行憲法下においても、法律レベルの対応においてかなりの強制力を持つ措置がとれるということです。

憲法を改めないと、そのようなことができないというわけでは全くありません。

法律レベルの議論がまず先です。

あわせて読みたい

「緊急事態条項」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。