記事

迷走続く日本の新型コロナウイルス対策:PCR検査不足のツケ

 5月1日に、専門家会議は、日本の実効再生産数が4月10日には全国で0.7、東京で0.5まで下がっていると発表した。この数字だけを見ると、緊急事態宣言は解除できるはずである。

 日本は、これまで感染増を上手く抑えてきたとされ、世界から評価されてきたが、最近急に感染者数が増え、世界は日本の対応に疑問を投げかけつつある。4月16日、安倍首相は、緊急事態宣言の対象地域を全国大に拡大したが、さらに5月31日まで延長する意向である。

 日本の問題は、PCR検査数を極端に抑えてきたことである。

 クラスター対策のみに終始し、政府の対策本部もクラスター対策班主導、マスコミも拡声器のようにその宣伝を行ってきた。そのツケが市中感染の増大である。

 同じような失敗を犯したのが、アメリカであり、保健衛生予算のカットによって、CDCの能力も殺がれ、品質の悪いPCR検査キットを配布するなどしたために、検査に遅れが生じ、今の惨状となっている。

 日米とは逆に、ドライブスルー・システムも動員して、PCR検査を徹底的に行った韓国では、今や一日の感染者がゼロになっている。

 ヨーロッパでは、排外主義的なポピュリズムが跋扈してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、影響力が減退している。自分の命にかかわる状況で、極右の扇動に乗る暇などなくなったからである。

 PCR検査の推進に反対したことが間違いだったことは、初期の検査が不十分だったイタリアやアメリカの失敗例を見ても明白である。

 ハーバード大学の研究によると、新型コロナウイルスは、ワクチンが開発されないかぎり、何度も襲ってくるので、2022年までは外出禁止措置が断続的に必要だという。SARSやMERSについては、ワクチンの開発に失敗している。開発に最低1年半かかるとすれば、集団免疫の獲得には最低2年は必要である。

 そうなると、経済・社会活動を元通りに復活させるには、さらに時間が必要であり、世界恐慌といった事態になることも予想される。

 アメリカでも、経済重視で都市封鎖の解除に積極的なトランプ大統領と、感染防止の観点から消極的なニューヨーク州のクオモ知事の対立が話題になっている。感染防止と経済活動のバランスをどうとるのか、政治指導者の判断が重い意味を持ってくる。

 安倍政権は、今後もまだ迷走を繰り返すであろうが、コロナは1929年の大恐慌以上のインパクトを経済に与えるであろう。

 都市封鎖を成功させるには、ジョージ・オーウェルの『1984』のような専制国家のほうが適していることは確かである。民主主義政治体制は、感染症の危機に際して、専制主義に抗して勝ち抜くことができるのであろうか。

 大衆が自らの責任で自由な社会を守ろうとしないかぎり、民主主義社会は権威主義社会に敗北するであろう。愚民では駄目なのである。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  7. 7

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  8. 8

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。