記事

安倍氏の改憲(緊急事態条項)はやはり具体性がなかった 改憲だけが目的 天賦人権性の否定

 安倍氏が改憲に向けて改憲派に送ったビデオメッセージ。

首相「憲法改正、必ずや成し遂げていく」 緊急事態条項創設訴え ビデオメッセージ全文」(産経新聞2020年5月3日)

「例えば、今般の新型コロナウイルスという未知の敵との戦いにおいて、われわれは前例のない事態に繰り返し直面しております。

政府においては、国民の命と健康を守るため、全国に緊急事態宣言を発出し、政策を総動員して各種対策を進めています。ウイルスの感染拡大防止に向けて、国民の皆さまには、外出の自粛や休業要請への対応など、多大なるご協力をお願いしています。また、国家の機能維持という点でみれば、国会審議の在り方についても、与野党で協議し、さまざまな工夫がなされてきたところです。しかしながら、そもそも現行憲法においては、緊急時に対応する規定は、『参議院の緊急集会』しか存在していないのが実情です」
 「今回のような未曽有の危機を経験した今、緊急事態において、国民の命や 安全を何としても守るため、国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そして、そのことを憲法にどのように位置付けるかについては、極めて重く、大切な課題であると、私自身、改めて認識した次第です。自民党がたたき台として既にお示ししている改憲4項目の中にも『緊急事態対応』は含まれておりますが、まずは、国会の憲法審査会の場で、じっくりと議論を進めていくべきであると考えます」
2020年5月3日撮影

 やっぱり改憲(緊急事態条項)が必要なのかについて、全く具体性がありませんでした。改憲したいというのであれば、今回、コロナ対策として、こうした不都合があったから、憲法をこのように変えたい、というものがあるはずなのに、それが全く示されていません。

 現行の法律、あるいは法改正で対応できるのかどうかすら検討がなされていません。にも関わらず、こうした改憲論を主張するのは、改憲こそが目的というだけでなく、天賦人権性の否定がその動機だからです。

安倍氏が緊急事態条項を叫ぶとき でも緊急事態条項によって何が想定されているの? コロナ対策に有害無益

 コロナ蔓延を露骨に政治利用しているわけで、これは非常に問題です。

コロナ対応で改憲訴える首相 便乗?与党内にも疑問の声」(朝日新聞2020年5月3日)

 改憲など全く必要がありません。
 改憲論のごまかしに欺されないようにしましょう。

あわせて読みたい

「緊急事態条項」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。