記事

「コロナ改憲にNO」 市民が怒りのデモ

興味のある人物がいたからだろうか。それとも「デモのテーマ」が権力に向けて的を突いていたからか。夥しい数の公安が貼りついた。=3日、新宿 撮影:小杉碧海=

 「コロナを口実に改憲するな」。自粛要請で苦しい生活を強いられている市民たちが、憲法記念日のきょう、街頭で声をあげた。

 「緊急事態に国家や国民はどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そのことを憲法にどう位置付けるかは、極めて重く大切な課題だ」-安倍首相がきょう開かれた日本会議の改憲集会に送ったビデオメッセージだ。

 ショックドクトリン(惨事便乗)の極みである。コロナの感染拡大防止を憲法改正の口実にしようというのだから。

 アベ首相をはじめとする改憲勢力の理屈はこうだ―

 現行の非常事態宣言では強制力を伴わず、罰則もない。政府にもっと強い権限を与えれば、感染拡大を抑えることができる。そのためにも改憲して緊急事態条項(自民党改憲草案第98~99条)を適用すべき。

 国民が政府や自治体の言うことを聞かないから感染が収まらない・・・朝から晩までテレビが報道する。

 下地が整ったところで世論調査の結果が出てくる。NHKによれば「改憲必要ある32%」「必要ない24%」だ。

 共同通信の世論調査では、改憲し緊急事態条項を新設することに「51%が賛成」している。

「憲法は一人ひとりの防護服」。身につまされる言葉だ。=3日、新宿、撮影:田中龍作=

 マスコミを手先に使った危険な風潮に抗議の声をあげようという市民が夕方、新宿アルタ前に集まった。

 デモに参加した男性(労働組合員40代)は憤りを隠せない—
 
 「自粛で憲法集会も開けない。インターネットでは言い足りない。街頭に出て声をあげようと思った」

 「アベ首相はコロナ対策でダラダラやってきたくせに、緊急事態条項がないからこうなった、と言ってる。許せない」。

 都内在住の主婦(50代)も怒りを露わにした―

 「自粛していないから感染が広がっているみたいに言うが、自宅でひっそりと亡くなっている人たちも多くいる。命も暮らしも守ってくれない」

 「安倍政権は国民にとって最大のリスク。アベノウイルスは部屋にいてもかかってしまう」。

  参加者は自粛の影響で人通りもまばらな新宿の街をデモ行進した。

「(安倍政権は)コロナ対策失敗のツケを回すな」
「不安を煽るな」
「命の選別をするな」・・・

 デモ隊のシュプレヒコールが5月の空に響いた。

  ~終わり~
  

    ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しないニュースを伝えます。政権やその補完勢力の幇間にはなりません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。