記事

米、ロックダウン反対デモ頻発

2/2

実際にダウンタウンで行われたデモ、“Freedom Rally” の主催者である27歳女性ナオミ・ソリア氏に対して逮捕状が降りる可能性が大いにあると今問題になっている。90日の牢獄そして1000ドルの罰金の軽罰の通知が彼女に届いた

[画像をブログで見る]

百人以上集まったこのデモで問題なのはデモを起こしたことではない。外出禁止令に従わず、大人数が6フィートの間隔を保たずに集まったことが罪に問われている。

しかしなぜソリア氏だけが罪に問われようとしているのか。このデモに集まったサンディエゴ住民全員ルールに反している。全員に同じ罰を与えるべきではないのかという声がネット上で上がっている。次の日に行われたエンシニータスでのデモでは3人が逮捕された。

先週末のパシフィックビーチでのデモでは誰かが逮捕されたという報道は出ていない。長期間の自宅待機を強いられていた反動で起こっているこのデモ。このまま小規模デモは起き続けるのだろうか。

さすが自由の国、アメリカならではの出来事である。今回の新型ウイルスによるロックダウンにより多くの収入を絶たれた自営業主や通常通り好きな時に好きな場所への外出が許されない人々のストレスは爆発したようだ。

中にはこの新型ウイルスは嘘だというパネルを持ってデモに参加していた人までいた。どこまで自由なのだろうか。いつまで続くかわからないこの状況で、多くのアメリカ人はいつかはこのウイルスと戦いつつも通常の日々を取り戻さなければならないと思い始めてきている気がする。

多くの人が集まるデモは決していいことではないが、ビーチと公園の解放により人々に心の余裕と体を動かせる喜びをもたらしたのは間違いない。レストランでテイクアウトのオーダーを待っていると、オーダーを取りに来たお客さんがハンドメイドの洗えるマスクをお店で働いている子たちに配ってあげたりと心が温まるシーンもちらほら見られる。悪いことばかりではないのは確かだ。

このまま新型コロナウイルスの感染者、そして死者数が落ち着く前にいろんな場所が解放されていくのか?今後一体米国はどう動くのだろうか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  6. 6

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  7. 7

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  8. 8

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  9. 9

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  10. 10

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。