記事

米、ロックダウン反対デモ頻発

1/2

[画像をブログで見る]

Japan In-depth 編集部(元木満里奈

【まとめ】

・27日からサンディエゴのビーチがアクティビティー目的に限り開放。

・ビーチ解放でウイルス感染者数が爆発しないか懸念する声も。

・ロックダウン反対デモも頻発。参加者の逮捕も。

カリフォルニア州サンディエゴでは4月27日からビーチがアクティビティー目的のみに限り開放された。サンディエゴの全てのビーチが該当するわけではないが、北サンディエゴのエンシニータスエリアを除き、比較的多くのビーチが解放された。

サーフィン、水泳、カヤック、ランニング、ウォーキング等が該当し、ビーチで座ったり立ち止まったりしない限り許可される。6フィートのソーシャルディスタンシングは保たなければならない。駐車場、桟橋、ボードウォークは人口密度が高くなり、人々の溜まり場になってしまう可能性があるので未だ解放されておらず。公園も先週から一足先にアクティビティー目的に限り解放されている。

これはビーチ解放の第一段階で、これが新型コロナウイルス拡散に大きく関係しなければ、第二段階で駐車場、桟橋、ボードウォーク等の公共の場所も解放される予定である。

そんな中、この第一段階を心待ちにしていたのがサンディエゴ中のサーファーたちだ。予想はしていたがサンディエゴでも人気のパシフィックビーチは新型コロナウイルスでロックダウン中とは思えないほどの人で海が埋め尽くされた。

▲写真 パシフィックビーチ(トゥーマリンビーチ)に集まるサーファー4/28 出典:筆者撮影

サーファーだけではない、夕方のゴールデンアワーにはビーチを歩く多くの人でここ数日賑わっている。正直今回のビーチ解放で新型ウイルスの感染者数が爆発的に伸びてしまわないか不安な人は私だけではないはずだ。

実際に、サンディエゴの少し北、オレンジカウンティーでは先週末のヒートウェーブでビーチに人が集まりすぎた為、カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサム氏はカリフォルニアの全ビーチをクローズすると発表。しかし、サンディエゴカウンティーの理事会がサンディエゴのビーチは解放されてから住民はルールに従って行動している為、今回のカリフォルニア州全ビーチクローズ案を考えなおすよう手紙を出した。

その結果、問題となったオレンジカウンティーのみ5月1日よりビーチへの立ち入りが禁止されている。ビーチで体を動かして楽しむサンディエゴの住民を含め、今回の第一段階を無駄にしてはならない。

世界中が次々とロックダウンし、人との接触を避ける中、なぜサンディエゴのビーチは解放されたのか?新型コロナウイルスの感染者数が落ち着いて減ってきているわけでは決してないのだ。未だに日々患者の数が増え続けている。

大きな理由の一つにサンディエゴ、またはロサンゼルスで起こっているデモが関係している。ここ数週間でロックダウンに対するデモがサンディエゴで頻発しており、一番最近だと26日の日曜日にパシフィックビーチにて100人以上の人がマスクもせずに集まり、ロックダウンに対してデモを起こした。ダウンタウン、エンシニータスでもデモは起こっており、逮捕された住民も数名いると報道されている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。