記事
  • ヒロ

書籍販売に日の目はあるのか?

1/2

書籍販売が長期凋落に陥っているのは皆さんご存知通りです。90年代半ば、つまりウィンドウズ95が出始めたときから今日までの下落幅は販売額でおおむね5割だと思っていただいて結構かと思います。その中でも種類により差異はあります。文庫やコミックスは3割弱の減少幅、ムック本が4割減にとどまっていますが、コミック誌は7割減、週刊誌6割減などスマホやタブレットに取って代わられやすい書籍タイプの減少幅は大きくなっています。

ところが2019年のデータを見るとその長期凋落傾向だった書籍販売が0.2%とごくわずかながらプラスに転じたのです。その理由は紙媒体は4.3%減となったものの電子媒体が23.9%と大健闘したためです。その背景は海賊版サイト「漫画村」が閉鎖したことで有償のコミック販売が伸びたことが大きな理由となっています。また正規品は電子媒体で見たり聞いたりしても有料であるという一般的な認知が進んできたことは大きいと思います。

ヘンな話ですが、海賊版のメッカと言われた中国などで「お金をきちんと払おう」という傾向が出てきています。作家や製作者への敬意であり、相手が苦労して作った作品を無料で見るのは「いけてない」という動きが一部で出てきているのも確かです。

ただ、それでも出版社側は海賊版対策に頭を悩ましています。例えば私どもは日本語の教科書をカナダの大学生向けに販売しているのですが、大学生の一部がPDFの海賊版を使ったり、学生同士の古本の教科書交換を利用しており、学生数に対して新品の教科書の販売数は比率でみるとおおむね半分ぐらいではないかと思われます。(大学により傾向が異なり、例えばインド人学生が多いところでは教科書はさっぱり売れないのですが、一流大学のきちんとした家庭に育った学生は購入するという傾向があります。)

その中、一部出版社では教科書の電子化に踏み切るところも出てきていますが、個人的には教科書の電子化の普及には世界レベルのもっと大掛かりな仕組みづくりが必要だとみています。最大のハードルは教科書を使い潰すものか、再販するためにきれいに使うか、という根本発想であります。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。