記事

所持金300円…「食べるものがない」電話相談に寄せられる悲痛な叫び 今日も電話相談会が開催中

電話相談を受ける反貧困ネットワーク世話人で作家の雨宮処凛氏(著者撮影)

日に日に生活に追い詰められていく人たち

GWの大型連休が始まったが、新型コロナの影響から人々の生活困窮が深刻である。
東京都内ではあまりにも目を覆いたくなるような凄惨な事件も起きた。

4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。

男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。

新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。

遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。

出典:聖火ランナーのとんかつ店主、火災で死亡 生前は延期や新型コロナ影響を悲観 5月2日 毎日新聞

私たちのもとにも毎日、生活困窮に苦しむ方、仕事がなくなって収入が絶たれた方、自営業・フリーランスの方たちから様々な相談が相次いでいる。

上記の東京オリンピックを楽しみにしていた飲食店の店主の気持ちを思うと、いかほど無念だったであろうかと、胸が苦しくなる。

すべての人たちが他人事ではない。

心からご冥福をお祈りしたい。

所持金300円…「食べるものもない」寄せられる悲痛な叫び

ここで何度も強調しておきたいが、気軽に様々な相談窓口を活用してほしい
官民ともに相談できる窓口が多く設置されている。

新型コロナ労働・生活総合相談ホットラインのチラシ(著者作成)

今日、5月3日にも、上記の通り、13時から20時まで、相談経験豊富な弁護士や労働組合員、NPOスタッフなどが電話口で待機している。

生活福祉資金貸付・住居確保給付金の紹介、無利子・無担保の融資先の紹介、休業補償の請求や解雇の撤回、債務整理や任意整理、住宅ローンの相談対応、生活保護申請同行など、相談を受けるだけでなく、場合によっては窓口に付き添う事例もある。

電話相談を受ける弁護士ら(埼玉県内の会場にて著者撮影)

5月2日の電話相談では

「もう所持金が1万円しかなくて今月の家賃が支払えない」
「いま手持ち現金が300円で連休を乗り切ることは難しい」
「住宅ローンの返済ができない可能性が高い」
「自宅待機を命じられているが休業補償が出ていない」
「一方的に解雇されてしまった」
「給料を勝手に2割引き下げると言われて我慢しているが生活できない」

などの多数の声が上がっている。

なかにはすでに弁護士が債務整理を受任したり、生活保護申請の同行を約束したり、労働組合員が集めたカンパ金を届けたり、企業と交渉を始める予定の案件も出ている。

電話相談を受けてくれた反貧困ネットワーク世話人で作家の雨宮処凛氏(埼玉県内の会場で著者撮影)

また

「先の見通しが立たずに死にたいほど辛い」
「誰とも苦しい状況を話すことができなくてストレスがたまる」
「誰かに話を聞いてほしい」

という相談もある。

具体的な問題解決を望む相談だけでなく、誰かに話を聞いてほしいという声である。

最近は新型コロナウイルスの影響で、極端に他者との接触が減っている。友人や知人と会えないことも苦痛のひとつである。

そのような際にも、民間の電話相談を活用してほしい。話をするだけで気持ちが楽になることもあるはずだ。

いずれにしても、苦しい、悲しい、という気持ちを吐き出し、誰かに話すことは大事なことである。誰にも気持ちをわかってもらえない、と思わずに、とにかく気軽に電話してみてほしい。

以下の通り、今日も私たちは皆さんからの電話を待っている。

新型コロナウイルスの感染拡大で勤務先が休業した人などを支援しようと弁護士などが無料の電話相談を2日から始めました。

この電話相談は、労働問題や生活困窮者の支援に取り組む弁護士やNPOなどが各地で開いたもので、このうち、さいたま市浦和区の法律事務所では、午後1時の受付開始から相談が相次ぎました。

具体的には50代の会社員の男性から「会社の業績が悪化し会社から賃金の一部カットを要求されていて悩んでいる」という相談が寄せられ、弁護士が「同じ会社の従業員で労働組合をつくり、会社と交渉するべきだ」などと説明していました。

このほか「仕事が見つからないため収入がなくて1か月先の住宅の賃料が払えない」とか、「給付金の10万円をもらうと生活保護の受給額は減るのか」といった相談が相次いで寄せられていました。

電話相談を開いた団体の共同代表の藤田孝典さんは「日々の生活が苦しいなど切迫した相談が相次いでいる。自分だけで悩まずにぜひ相談をしてほしい」と話していました。

電話相談は3日も午後1時から午後8時まで受け付けています。

電話番号は「0120-333-774

埼玉県に住んでいる方は「048-864-1622」です。

出典:労働・生活の無料電話相談 5月2日 NHK

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。