記事

パレードの涙だけじゃない…平成から令和の雅子さまベストシーン3選 - 矢部 万紀子

 即位を祝う一般参賀(5月4日)に14万1130人、祝賀御列の儀(11月10日)に11万9000人。そんなにも多くの人が集まったのが、ほんの1年、半年前だったなんて。雅子さまの笑顔を一目見ようと大勢の人々が集まっていた日々が、遠い昔のように思える。

【写真】雅子さまは陛下の方に体を寄せられた


「祝賀御列の儀」に臨まれる天皇皇后両陛下 ©︎JMPA

 陛下と雅子さまの日常も、赤坂御所での巣ごもり状態になっている。新型コロナウイルスのせいで、直接に国民と触れ合うことができない。だからこそ、お二人に期待をしたい。新しい形での存在感を拝見する日は遠くない、と。だってお二人のスタイルは、この1年で確かに見えてきたのだから。

 そんなことを思いながら、お二人の1年を振り返る。雅子さまのベストショットはなんだっただろうと考えた時、浮かんできたのは祝賀御列の儀だった。フリルのドレスをお召しになり、ティアラがキラキラと輝いていた。沿道の人々に手を振りながら、涙をぬぐわれた雅子さま。が、マイベストショットはこのシーンではない。

お二人を乗せた車が止まった、雅子さまの後ろ姿

 30分ほどのパレードは、お住まいの赤坂御所で終わった。テレビ中継を見ていたが、お二人を乗せた車が止まってからは、後方からの映像になった。その時の雅子さまの後ろ姿。それが私の一押しだ。

 赤坂御所の車寄せに、お二人は5分ほどいらしたろうか。すぐには車から降りず、皇宮警察音楽隊による行進曲「令和」の演奏が終わるまで、車内にとどまられた。お顔は映らず、車の背もたれの向こうにお二人の後ろ姿があった。と、そこから、目が釘付けになった。

 均衡を打ち破るかのように、雅子さまが陛下の方に体を寄せられたのだ。大袈裟でなくそう感じたのは、雅子さまからのアクションだったことが大きい。こういう時の皇后は、じっとされているもの。そういう私の中の思い込みが、覆された。しかもググッという感じの大きな動きだったことも、何だか新鮮だった。

 陛下はすぐ、雅子さまの方に顔を向けられ、雅子さまは何度かうなずきながら、元の体勢に戻られた。雅子さまは、陛下に何かお話をされたかった。近くの音に負けず声を届けるために陛下に近づき、お答えに納得された。だからうなずきつつ、元に戻った。あれは完全に「ああ、そうね、そうよね」のうなずきだなー。

 などと勝手に想像していたら、また雅子さまが陛下の方へ。すぐに陛下が反応され、またも雅子さまは元の体勢に。それからも「令和」は続き、雅子さまからの一連の動きがもう一度。そこで演奏が終盤に入り、お二人は降車。

 すごくハッピーで、あたたかなシーンだった。お二人は仲良しなんだ。失礼な言葉遣いになるかもしれないが、そう思った。一口に仲良しと言っても、いろいろな形がある。お二人は、たくさん会話を交わされる。ご夫婦であると同時に、任務を共に遂行する同僚。そんな仲良しだ。

陛下と雅子さまの間に流れるフラットな空気

 つまり「対等さ」なのだと思う。陛下と雅子さまの間に、フラットな空気が流れている。それは上皇さまと美智子さまの間の空気とは、大きく違う。私が雅子さまの後ろ姿に目を見張ったのは、美智子さまを前提にした思い込みがあったからだ。美智子さまには、上皇さまの少し後ろを歩かれるイメージがある。昭和一桁に生まれたお二人だから、それは当然のことだろう。だが、陛下と雅子さまは1960年代生まれ同士。並んで歩くのが当たり前なのだ。

 あの日の雅子さまの後ろ姿からは、何か開放感のようなものも感じられた。自分たちの方法で、ありのままに進む。そう思い定めた清々しさが漂っていた。実は令和になってすぐにも、お二人の姿から開放感を感じる出来事があった。即位後初の地方公務として、6月1日から訪ねた愛知県。その最後の視察先でのことだった。

雅子さまからの「すごく頑張っているのね」

 6月2日の午後、お二人は愛知県三河青い鳥医療療育センターを訪ねた。入所児一人ひとりに声をかけるお二人の様子は、テレビでも報じられていた。だが、小林咲貴ちゃん(当時7歳)との交流を私が知ったのは、訪問から約2週間後、15日の朝日新聞夕刊1面だった。〈「そくいおめでとうございます」届いた 脳性まひの少女、両陛下に手紙〉と見出しがあった。

 咲貴ちゃんは、出産時のトラブルがもとで脳性まひを患っていること。「そくいおめでとうございます。わたしはリハビリをがんばってます」と手紙を書いたこと。母の智子さんが「娘が不自由な手で書いた手紙です。無礼を承知で出しました」と手紙を添え、宮内庁に送ったこと。送る直前に2日の視察を知り、咲貴ちゃんが「あえるのを楽しみにしています」と付け足したこと。そんな経緯がまとめられていた。

 当日、陛下が咲貴ちゃんに「お手紙ありがとう。うれしかったですよ」と声をかけられ、雅子さまが「すごく頑張っているのね」と続けられたと記事にあった。むやみに感動した。一人の少女が送った手紙が宮内庁を経由し、きちんとお二人に届いた。お二人が少女に声をかけ、それが記事になった。その事実に感動した。窓が開き、爽やかな風が通った気分になった。

 雅子さまにとって平成の大半は、「適応障害」との闘いだった。その間、雅子さまの情報はごく抑制的にしか開示されなかった。それが回復への近道と、皇太子さま(当時)が判断されてのことだったろう。だが発信が少ない分、例えば「三つ星レストランでの食事」が報じられれば目立つ。そうしてお二人への批判が高まった。宮内庁はもう少し情報開示の道を考えられないのだろうか。そんなふうに思っていた。

小和田雅子さんだった頃のワンシーン

 それが令和になり、変わった。お二人のお気持ちが外に向いているからこそ、咲貴ちゃんのことが報じられた。宮内庁とメディアの関係もよくなっているのだろう。元新聞記者の一人としてそう思い、晴れやかな気持ちになったのだ。

 そして最後にもう一つだけ、少し昔の雅子さまのことを書きたい。それは雅子さまが雅子さまになる前、小和田雅子さんだった頃の話だ。

 皇太子さま(当時)からのプロポーズを受けると決めた時のことを、ご両親である小和田恆さんと優美子さんが「文藝春秋」(1993年3月号)で明かしていたのだ。

 恆さんは、「親子の話し合いの中で雰囲気的なものとしては感じとっておりましたが、具体的には、雅子が『自分で殿下に直接お返事するつもり』だという形で私どもに申しました」と語っていた。そして優美子さんが、こう続けた。

「『どういう風に申し上げるの?』と訊ねましたら、『それは秘密』と。ニコニコしながら『それは秘密』と申しましたから、これはお受けするという返事をしたいという意味だと分かりました」

 恋する雅子さんのワンシーン。こちらまでうれしくなるような、このエピソードを令和になって思い出したのは、「ニコニコ」にあった。令和になり、雅子さまの笑顔を見ることが格段に増えた。「ねばならぬ」から笑っているのでなく、心から笑っているように感じる。

 そして今、改めて思う。雅子さまにはプロポーズを受けた時から、変わらぬ陛下への「愛」がある。だから病とも闘っていけた。皇后になり、今も陛下とたくさん会話をしている。リハビリをがんばる女の子にも、心からの励ましを伝えられる。

 雅子さまの陛下への愛は、陛下の雅子さまへの愛があってこそ。愛は大切。新型コロナウイルスと闘う今の日本に、そして世界に、とてもとても大切。そんなことを思っている。

(矢部 万紀子)

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  4. 4

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。