記事

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月2日)

こんばんは。

今週、事業規模117兆円という過去最大の補正予算が成立しました。

5月1日から中小企業、小規模事業者の皆様に最大200万円の現金をお届けする持続化給付金の受付がスタートしています。
最も早い方で5月8日から、使い道に制限のない、現金をお届けします。

また、実質無利子・無担保、元本返済最大5年間据え置きの融資をお近くの地方銀行や、信金、信組で受けられるようになります。
また、税金や社会保険料の納付が猶予されます。
本当に今、この厳しい状況の中で、歯を食いしばって頑張っておられる皆様へ、こうした支援を一日も早くお届けをし、事業や雇用を必ずや守り抜いていきたいと考えています。

また全ての国民の皆様と一体となってこの困難を乗り越えていくため、一人一律10万円が給付されます。
様々な工夫で、既に給付を始めた自治体もあります。
1日でも早くお届けするために、自治体の皆様の御協力をいただきながら全力で取り組みます。

昨日、緊急事態宣言後の状況に関して専門家会議が開催されました。
緊急事態宣言の下、国民の皆様の多大な御協力により、我が国においては諸外国のような爆発的な感染拡大を逃れており、新規感染者の数は減少傾向に転じるという一定の成果が表れ始めているというのが専門家の皆様の評価です。

一方、累積の感染者は1万人を大きく上回り、医療現場は依然、厳しい状況にあることから、当面、引き続き国民の皆様の御協力が必要であるというのが専門家の皆様の見解でした。
この報告を踏まえ、総理は現在の緊急事態宣言の枠組みを概ね1か月程度延長することを軸に、専門家の皆様の御意見を伺いながら、地域の感染状況に対応した対策を速やかに調整するよう指示しました。
最終的には各地域の感染状況、また、最新のデータを専門家の皆様に十分に御検討をいただいた上で、御意見を伺い5月4日に決定する方針です。

普通であれば、みんなが楽しみにしているゴールデンウィークではありますが、今、緩んでしまっては、これまでの努力が無駄になってしまいます。
自分自身を守るため、愛する人を守るために、どうか外出を控えていただきたいと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。