記事

「新型コロナ禍」の裏で「軍事衛星発射」高まる「米イラン」緊張 - 杉田弘毅

1/2
イランのイスラム革命防衛隊が打ち上げた、軍事衛星搭載のロケット。移動発射台に据えられているのがわかる[via SEPAH NEWS](C)AFP=時事

 世界が「新型コロナウイルス」禍で凍り付く中でも、憎しみは収まらないのだろう。米国とイランの軍事的な緊張が再び高まってきた。

 イランのイスラム革命防衛隊が創設41周年記念日にあたる4月22日、初の軍事衛星の打ち上げに成功した。

 イランの弾道ミサイル開発を問題視してきた米国は早速、「米国も射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発する証拠だ」と反発している。ペルシャ湾では米海軍と革命防衛隊の異常接近も続いており、目を離せない緊張が再来した。

砂漠の打ち上げ

 革命防衛隊の人工衛星「ヌール(光)1号」は、テヘランの東約350キロに位置するシャフルード基地から発射された。この基地があるセムナーン州の砂漠には、イランの平和利用宇宙計画拠点があることは知られていたが、革命防衛隊の衛星打ち上げ基地があることは伏せられていた。

 革命防衛隊の発表によると、人工衛星は移動式の発射台に備え付けられた3段式のロケット「カセド」で大気圏外に運ばれ、打ち上げから90分以内に高度425キロの軌道に到着したという。

 カセドは、液体燃料と固体燃料の双方を使うタイプで、第1段のロケット部分は液体燃料、第3段は固体燃料で発進したと分析されている。『国営イラン放送』(IRIB)が放映した発射映像を見ると、発射台は小ぶりでロケットや人工衛星を搭載した弾頭部分も比較的小さく見える。

 イランは2000年代から人工衛星の打ち上げを試みてきており、何度か軌道投入にも成功したとされる。しかし、今回は米国が人工衛星の打ち上げ成功を明確に確認した。

しかも、これまでのような資源探査や気候情報の収集といった平和利用目的をうたった人工衛星実験ではなく、革命防衛隊が「軍事衛星」と明言しているところが挑発的だ。

 革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は打ち上げ直後の声明で、

「現代の世界では強力な軍事力と包括的な国防計画を持つために、宇宙での能力保有が必要である。宇宙へ我々を導く優れた技術を持ったことは、戦略的な大業績だ」

 と自画自賛。人工衛星が特に情報戦で力を発揮すると述べ、革命防衛隊が宇宙での軍事能力の拡充に乗り出す意欲をみなぎらせた。

 サラミ司令官と言えば、今年1月にバグダッドで殺害されたガセム・ソレイマニ司令官の報復で革命防衛隊がイラクの米軍拠点を攻撃した際に、誤ってウクライナ旅客機を撃墜してしまい、「人生で最も恥ずかしい出来事」と公開謝罪した人物である。

 ところが今回は、あの煉獄を忘れたかのような満面の笑みを浮かべた。正規軍が革命を潰す恐れがあるとして、準軍事組織として発足した革命防衛隊からすれば、人工衛星保有で「とうとうここまで来た」という思いだろう。

宇宙を回るウェブカメラ

 もちろんイランの軍事衛星の能力は、米国やイスラエルが恐れるようなレベルではない。

 米宇宙軍のジェイ・レイモンド司令官は、

「ウェブカメラがくるくると宇宙を回っているようなもの。意味ある軍事情報など入手できない」

 と、打ち上げから4日後の26日にツイートしている。

 革命防衛隊の衛星は、「3U Cube衛星」とされ、原型となる直方体の「1Cube衛星」を3つ結合させたものだ。1Cube衛星は10立方センチで重量は1.3キロという。

 Cube衛星は1999年から打ち上げが始まり、これまで打ち上げられた総数は1200に上る。アマチュア無線の交信用に使ったり、地球を撮影してその表面画像を送る程度はできるものの、軍事基地の動きを微細に撮影してその様子を送信するといった機能はない。レイモンド司令官が「宇宙を回るウェブカメラ」と呼んだのもうなずける。

 しかし、だからと言って軽視はできない。今回の人工衛星打ち上げは、欧州や米国に届く長距離弾道ミサイル技術を獲得する狙いを持つとみられるからだ。

 革命防衛隊の衛星の名前が「光1号」と聞いて、思い出すのは、1998年8月に北朝鮮が打ち上げた人工衛星「光明星1号」だ。

 両国はミサイル技術で協力関係にあるせいだろうか、名前が似ている。北朝鮮は「光明星1号」から20年で弾道ミサイル技術を格段に向上させ、今ではICBM技術も保有すると宣言するまでになった。

 当時、北朝鮮の「人工衛星」はあまりにお粗末なもので、米国は失敗と断定し、日本も含めて世界は嘲笑したのだが、北朝鮮は営々と弾道ミサイル技術を進歩させてきたのだ。

 革命防衛隊の今回の打ち上げも、ICBMなど長距離ミサイル能力の向上を意図したものとみるべきだろう。米統合参謀本部のジョン・ハイテン副議長は、

「軌道に乗るまで非常に長い距離を飛行した。長距離を飛ばせるということは、近隣国や我々の同盟国の脅威になるということだ」

 とその飛距離に注目し、米大陸に届くICBM能力に警戒を示した。

 イスラエル外務省はより露骨に、

「人工衛星は北朝鮮のミサイル技術向上のための隠れ蓑だ」

 と断言している。普段は制裁に苦しむイランに同情するドイツの外務省報道官も、

「イランのミサイル計画は欧州の安全保障の観点から受け入れることはできない」

 と、珍しく語気を強めて非難している。

 イランの長距離弾道ミサイルは欧州を射程に収めるから、イランのイスラエルやサウジアラビアとの軍事的な対立を、これまで対岸から見てきた欧州は、脅威が身近になったことで悠長にしていられない。

 米国のマイク・ポンペオ国務長官は、

「イランの弾道ミサイル開発を禁じた国連安保理決議に違反している」

 と非難し、国際社会の対イラン包囲網を促している。

 ただイランは、

「安保理決議は『核弾頭搭載用の弾道ミサイルを開発しないよう求める』というものであり、イランの人工衛星は核弾頭ではないし、ロケットは核弾頭搭載用ではない」

 と反論している。だが、革命防衛隊の「軍事衛星」だから、過去のような「平和利用」とは性格が異なる。

 米国が神経質になるのは、イランのミサイル技術が米国を意識したものであることが濃厚な点だ。

『ロイター』は米政府高官の話として、弾道ミサイル戦力を握る革命防衛隊航空宇宙部隊のアミール・アリ・ハジザデ司令官が、打ち上げに立ち会っていたと伝えた。

 米政府は、ハジザデ司令官が昨年6月のペルシャ湾上空での米軍無人機撃墜や、今年1月のイラク駐留米軍への弾道ミサイル攻撃などを指揮していたと分析している。司令官はソレイマニ司令官殺害で今年1月に米国と軍事的な緊張が高まった際には、米軍の400カ所の拠点を攻撃する方針だったと、最近、明らかにしている。

 この米高官は、人工衛星打ち上げでは機動力のある移動式の発射台が使われたとも述べ、軍事目的が濃厚と指摘した。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  7. 7

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  8. 8

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  9. 9

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  10. 10

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。