記事

米FRB、コロナ危機脱却に向け支援の継続必要=ダラス連銀総裁


[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は1日、失業率が最大20%まで上昇し、年末時点では8─10%で推移する可能性があることを考慮すると、米経済が新型コロナウイルス危機を乗り越えるために、米連邦準備理事会(FRB)には引き続き支援すべきことがあるとの見解を示した。

カプラン総裁はFOXビジネスネットワークとのインタビューで、「金利は長期にわたり低水準を維持するだろう。FRBはこの期間を乗り越えるために他の措置に関してより多くのことを行わなければならない」と指摘。財政当局も一段の措置を行う必要があるとした。

その上で「年内および来年にかけて刺激策が必要になる。刺激策が講じられれば、成長を早め、失業率を低下させることが可能だ。FRBの役割は市場の適切な機能を確保しつつ、最後の貸し手になることだ」と述べた。

また米経済は今四半期に年率で最大30%縮小する可能性があるが、年後半には緩やかなペースで成長が回復し、「うまくいけば」第4・四半期の成長はより堅固なものになると想定。2020年通期では4.5─5%縮小する可能性があるとした。

総裁は「医療面によって引き起こされた歴史的な経済収縮」とした上で、高水準の企業債務や設備投資の低迷など「米経済に関する既存の懸念事項の一部が、経済収縮をやや悪化させた要因」と分析。数年間にわたって米経済を牽引してきた消費も「大きな打撃を受けた」とした。

さらに国民が外出時に安全だと感じ米経済を再開させる上で、新型コロナ感染症の検査と接触者の追跡調査は重要との保健当局の見解を踏襲。「今後数カ月間の成長は段階的になるだろう」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。