記事

EXCLUSIVE-中国、米大統領選で私を敗北させたい=トランプ氏


[ワシントン 29日 ロイター] - トランプ米大統領は29日、大統領執務室でロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルス感染拡大への中国の対応は同国が2020年の米大統領選で自身を敗北させるために「何でもやる」ことを示していると述べた。

新型コロナへの中国の対応巡り、さまざまな選択肢を検討していることも明らかにし、「私には多くのことができる」と述べた。

米国内で少なくとも6万人(ロイター集計)が死亡している世界的な新型コロナ流行を巡り、トランプ大統領は中国への非難を強めている。大統領は米国内における初期対応の不備について批判を受けることもある。

大統領は、中国が新型コロナについてより積極的により早く世界に知らせるべきだったと指摘。中国に対する関税の発動などを検討しているかとの質問には具体的に回答せず、「私にできることは多くある」、「何が起きたか調べている」と述べた。

今年の大統領選については「中国はこのレースで私を敗北させるためにできることをするだろう」と指摘。貿易などを巡り自身が中国に課している圧力を和らげるため民主党の大統領候補指名獲得がほぼ確実となっているバイデン前副大統領を勝たせたいと中国は考えている、との見方を示した。

トランプ大統領は中国の当局者について、「彼らは自らが無実だと見せかけようとするため常に宣伝活動を用いている」と述べた。

トランプ氏の発言について、中国外務省の耿爽報道官は定例記者会見で、中国は米大統領選に介入する意向はないと表明。11月3日に実施される大統領選は米国の国内的なイベントであり、中国政府は米国が中国を引きずり込まないようにすることを望んでいると述べた。

米国の対中貿易赤字を削減するために中国の習近平国家主席との間でまとめた通商合意については、新型コロナによる経済への影響で「とてもひどく狂わされた」とした。

トランプ政権高官が29日に明らかにしたところによると、3月下旬の米中首脳電話会談で基本合意した、言葉の応酬の非公式な「停戦」は終わったもようだ。このところ、米中間では新型コロナウイルスの起源やウイルスへの対応を巡り非難の応酬が強まっている。

ただ、トランプ大統領やその周辺は中国への批判を強めているものの、大統領が繰り返し「友人」と呼び掛けている習主席への直接的な批判は避けている。

<「韓国は多額の支払いに合意」>

トランプ大統領はまた、韓国が防衛協力で米国への支払いを増やすことに合意したと明かしたものの、金額は示さなかった。

大統領は「われわれは合意できる。彼ら(韓国)は合意したがっている」と説明。「彼らは多額の支払いに合意した。彼らは私がここに来た時(2017年1月の大統領就任時)よりも多くのお金を出す」と述べた。

<一部知事のコロナ対応に満足せず>

米経済については、新型コロナの流行が起きる前は「好調だった。歴史上最も素晴らしい経済だった」と述べた。

国内の新型コロナ対応を巡っては、多くの知事のやり方に満足しているとしつつ、一部の知事については改善が必要だと指摘。具体的な知事名は挙げなかった。

ワクチン開発の加速を目指している大統領は「非常にうまく物事が進んでいると思う」と述べた。

30分にわたったインタビューの最後には米海軍が新たに公表した未確認飛行物体(UFO)とされる画像にも言及。「本当かどうか不思議に思った」、「とんでもないビデオだ」と語った。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。