記事

子どもに新型コロナウイルスの恐ろしさをどこまで話すべきか? ー この機に「世の中の不条理」について話し合える関係づくりを

1/2

新型コロナウイルス感染症の大流行が、世界中の人々の生活に激変をもたらしている。この事態について子どもたちにどう伝えたらよいか、親たちにも “方針”が求められている。児童研究を専門とするジュリー・ガーレン准教授(カナダ・カールトン大学)の記事を紹介する。

オーストリア政府は新型コロナウイルス感染抑止のため外出制限措置を発令。 オンライン授業に出席するウィーンの小学生(2020年3月25日)。 AP Photo/Ronald Zak

******* 「親は自らも不安な状況にあるなかで子どもへの伝え方を考えなくてはならないわけだが、よくないのは子どもたちへの “隠しごと” 」というのが、多くの専門家たち(児童心理学者、心的外傷や再起力の研究者、ユニセフ関係者など)の意見だ。

とはいえ、親としては子どもたちを恐怖や不安から守るべきなのでは? 色々なことが不確かな状況の中で子どもたちの「無邪気さ」が失われてしまうのではないか、そう懸念する親もいるかもしれない。

「子どもの成長」が研究テーマである筆者は、“子どもは無邪気であるべき” という社会通念が北米の社会慣習にどう影響しているかを調べている。“子どもは不安や苦労を知らなくていい” とされがちな中では、パンデミック(感染症の世界的流行)の現実を子どもにどこまで話すべきか不安に思う親もいるだろう。

そこに、子どもには勉強、運動、遊びの機会をたっぷり与えるべきとの社会的プレッシャーも加わる。子どもたちを悲しみ、恐怖、絶望から守り抜き、無邪気かつおとぎ話のような子ども時代を用意してあげなければと感じる親も少なくないかもしれない。

xusenru/pixabay

「無邪気な子ども」は一部の特権階級にしか許されない誤った社会通念

「無邪気な子ども時代」という考えは、ジャン=ジャック・ルソー(1712-78)など近世の哲学者らの思想から大きな影響を受けて、近代になってつくられたもの。しかしルソーたちの考えというのは、白人・中産階級・ヨーロッパ中心主義・異性愛者たちによる男性支配的世界観に根ざしたもので、特権階級以外の人々の現実は考慮されていない。

1833年出版『The Gallery Of Portraits With Memoirs Encyclopedia』に掲載されたジャン=ジャック・ルソーの肖像画 (Shutterstock)

そのため、社会の片隅に追いやられてきた子どもたちが経験する “困難な生活” はあたかも“異常なもの(abnormal)” として扱われ、 “未熟(inexperience)で世間知らず” な子どもたちの権利を考えることこそが重要と考えられた。「子どもは無邪気であるべき」という考えは、当時も今も、恵まれた人々の間でしか通用しない、誤った社会通念にすぎない。

子どもというのは、時期や程度の差はあれど、悲しみ/苦しさ/恐ろしさ/失望を感じたことがある。病気や天災、貧困、ホームレス状態、難民状態、トラウマなどを経験、あるいは人種差別を受けてきた黒人や先住民の子どもたちにとっては、今回のパンデミックは初めて体験する “逆境” ではない。いくつもの “弱さ” や“生きづらさ”を併せ持つ子どもたちはなおさらだ。

burakaslan/pixabay

年齢に関係なくすべての人が社会的孤立・病気・死という現実に向き合わざるを得ない新型コロナウイルスの危機だが、もしかすると「無邪気であることが子ども時代の普遍的理想」とする西洋的思想を考え直すチャンスにもなるのではないか。子どもが持つ権利や潜在能力について、もっとオープンに議論できる場をつくっていくこともできるのではないだろうか。

パンデミックがあらためて突きつける格差の問題


と同時に、困難は万人に平等に降りかかるわけではない、ということも実感させられる。ソーシャルディスタンスを実践するため慣れない在宅勤務でストレスを感じている家庭も多いだろうが、それよりはるかに厳しい現実を突きつけられているのは、医療の最前線や、“生活に欠かせない” サービスに従事する人たち、すでに仕事を解雇された人たち、それからホームレス状態にあってシェルター(緊急一時宿泊施設)などで生活している人たちなのだから。

こうした「格差」は危機的状況の中でより鮮明になるが、何も今に始まったことではない。世界のどこでも、子どもたちは「格差」に起因する何らかの差別を日々味わっている。子どもの無邪気さを守ろうとするばかりに逆境から遠ざけてしまうと、困難な経験やそれに伴って湧き起こる複雑な感情を抑えつけることになる。さらには、世の中の "不当な扱い” に知らん顔することを教え込む危険性だってある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。