記事

日本人の「手作り布マスク」を見て、中国人が「この発想はなかった」と感動するワケ

1/2

「中国との違いに驚かされる」と投稿

「日本のニュースやSNSを見ていると、本当に素敵な手作りマスクをしている人が多くてびっくりします。特に知事! 中国との違いに驚かされるやら、感心するやら……」

4月中旬、上海在住の中国人女性が中国のSNSにこんなコメントを投稿しているのを見かけた。そこには中国のニュースサイトで紹介されていた小池百合子・東京都知事がしている手作りマスクをはじめ、地元の粋な手ぬぐい生地を使ったマスクを着用している達増拓也・岩手県知事、奥さま手作りの鮮やかなマスクをしている玉城デニー・沖縄県知事などのマスク姿の写真がズラリ。ほかにデニム生地や福岡県の久留米絣などの素材を使ったマスクも紹介されていた。

西村康稔経済再生担当相との会談を終え、報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=2020年4月22日、内閣府
西村康稔経済再生担当相との会談を終え、報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=2020年4月22日、内閣府 - 写真=時事通信フォト

確かに、慢性的に続くマスク不足により、このところ、日本全国で手作りマスクを着用している人が増えてきた。スーパーなどに行っても見かける。私自身も「マスク」に常に注意を払っているせいか、手作りマスクをしている人を見かけると、つい注目してしまう。自分も着用してみようかという気になるし、私の周囲でも、自分で制作して友人にプレゼントしている人もいる。

しかし、これはあくまでも苦肉の策。市販の使い捨てマスクが足りないから、仕方なく作るようになったことだ。ほぼすべての日本人にとって、マスク不足は深刻な悩みとなっている。

政府は国内での「増産」を強調しているが、街中のドラッグストアで見かける機会はまだ少ない。シャープなど異業種もマスク生産に乗り出しているが、全国民がいつでも購入できるようになるには、まだかなりの時間がかかるだろう。マスクを巡ってドラッグストアの店頭で小競り合いなども起こっている。

そんな中、一般人だけでなく、知事など公職に就く人も手作りマスクを着用するようになり、それが中国でも報道されるようになったのだ。

代用したのは果物の皮、ペットボトル、ブラジャー…

冒頭の女性に中国のマスク事情について聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「中国でも1月末から2月末くらいまでの間、マスクはかなり不足していました。上海の薬局でもマスクが買えなくて、殴り合いのトラブルになったという話も聞きました。手に入らないので、やむを得ず代用品を使う人もいた。例えば、オレンジやグレープフルーツなど果物の皮とか、ひょうたんの皮、頭から顔まですっぽり入るような大きなペットボトルとか、ブラジャーのカップ、生理用ナプキンなど。まるでジョークみたいな話ですが、本当なんです。幸い、私はそういうものは使わずに済みましたけど……」

この女性はPM2.5対策として、普段からマスクを買い置きしていたため大丈夫だったというが、まったく持ち合わせがなくて困った人もいた。また、武漢を含む湖北省や浙江省など感染者が多かった地域では、たとえ使い捨てのマスクがあっても心配でたまらず、N95マスクなどの高機能製品を求めたり、マスクの上からさらにビニール袋を頭からすっぽりかぶったり、目元にスキー用ゴーグルを着用するなど、二重三重にしっかりガードしていた人もいたという。

マスクや手袋、ペットボトルを改造したものを装着した少年たち=2020年2月1日、中国・広州空港
マスクや手袋、ペットボトルを改造したものを装着した少年たち=2020年2月1日、中国・広州空港 - 写真=EPA/時事通信フォト

しかし、日本人が使っているような手作りマスクをしている人は、中国のSNSやニュースでも、全然見かけなかった。その理由はなぜなのか。日本に3年ほど住んだ経験のある中国人女性に聞いてみたところ、こう推測する。

基本的な裁縫ができることに驚いた

「中国でも、特に内陸部に行けば、刺繍をしたり、編み物をしたり、子どもの服を作るなど、手芸をする女性はもちろんいます。手芸というよりも、昔は必要に迫られて作っていた家事の一つでした。でも、現在、都市部の比較的若い世代で裁縫ができる女性はあまり多くはありません。ネットで布を購入して、コスプレ用の派手な衣装を作ったりする若い女性はいるのですが、そもそもミシンがある家庭自体、少ないでしょう。それが理由の一つだと思います。

私が日本に住んでいたときにとても驚いたのは、多くの日本人女性は基本的には裁縫ができる、ということでした。面倒だからしないとか、上手じゃないから作らない、という人も当然いるでしょうが、日本ではほとんどの女性が学校で裁縫を習ったことがあるんですよね。確かに、日本の女性にとって、幼稚園に通う子どもの袋とか、夫のワイシャツのボタンつけとか、日常生活の中で縫い物をしなければならない場面はけっこう多い。

学校のバザーなどもあると聞きました。だから、マスクがないなら布を買ってきて、自分でマスクを作ろうと考える人が大勢いるんだ、ということにも納得します。これは日本人、特に日本女性のすばらしいところだと思います」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  2. 2

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  3. 3

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  7. 7

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  8. 8

    岸田総理の鎖国は少子化対策を先送りにしてこうなったのと同じ世紀の愚策と断言する

    永江一石

    11月30日 17:33

  9. 9

    オミクロンが放つ経済への影響

    ヒロ

    11月30日 12:40

  10. 10

    日産、電動化に5年で2兆円投資をテコに再生なるか

    片山 修

    11月30日 09:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。