記事

ドイツ経済、今年は6.6%縮小へ=IFO


[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は28日、今年のドイツ経済は新型コロナウイルス危機の影響で6.6%縮小し、国内総生産(GDP)が危機前の状態に戻るのは2021年末になると予想した。

IFOは、第1・四半期のGDPは1.9%減少し、第2・四半期は企業の稼働率データに基づくと12.2%減少すると予想した。

経済予測部門責任者のティモ・ボルマーショイザー氏は声明で「コロナ前の状況には2021年末まで戻ることはない」とし、2021年の成長率は8.5%になるとの見方を示した。

IFOが前週発表した4月の業況指数は過去最大の悪化で、東西ドイツ統一以来の最低を記録した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。