記事

国民民主、立憲民主など主要野党と維新が共同して家賃支援法案を提出するに至ったことを心から歓迎する

新型コロナウィルスは実に厄介な存在だが、災い転じて福となす、に相応しい動きが政治の世界で現れた。

難しい議論はとりあえず棚上げして、今、政治に求められていることをしっかりやり遂げよう、という真摯な気持ちに大方の国会議員がなっているように見えるところが実にいい。

維新を含む野党が共同提出に至った家賃支援法案の具体的内容については、各方面から異論が出される余地がありそうだが、とにかく維新が野党共同提出に一枚も二枚も噛んできたというのがいい。

報道されているとことからすると、国民民主と維新の二人の衆議院議員が今回の家賃支援法案の策定にあたって大きな役割を果たしたようだ。

対案提言型政党を志向していると標榜している維新と国民民主が主導して取り纏めた法案であれば、それなりに実現可能性がある法案になっているはずだというのが、私の率直な感想である。

勿論、政府与党である自民党や公明党が野党提案をそっくりそのまま呑むようなことはないだろうが、それでも自民党が政調会長直属のワーキングチームを設けて、独自の家賃支援法案ないし家賃支援策の検討に入ることになったそうだから、上手くすれば、与野党共同の新たな家賃支援法が出来るかも知れない。

ここは、小異を捨てて大同に就く、くらいがいい。

ここで何もしなければ、やはり国会議員はいらないな、ということになりかねない。
皆さん、よろしく。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。