記事

韓国タマネギ男・曹国氏「与党圧勝」で次期大統領候補に?

剥かれ続けた男(写真/EPA=時事)

 世界に先駆けて新型コロナが収束の兆しを見せる韓国で、総選挙が行なわれた(4月15日)。結果は文在寅大統領率いる与党「共に民主党」が、比例の衛星政党「共に市民党」と合わせて全300議席中180議席を獲得する圧勝。

「経済政策の失策や、青瓦台の蔚山(ウルサン)市長選挙介入疑惑など逆風続きの政権与党でしたが、ドライブスルー形式のPCR検査や感染者の移動経路公開など、『検査と隔離』を徹底し、都市封鎖せずにウイルスを封じ込めた新型コロナ対策が評価された形です。この功績で国民は政権支持に転じた」(在韓ジャーナリスト)

 この勝利であの人物の復権も囁かれている。昨年10月に娘の裏口入学疑惑で法相を辞任し、収賄容疑で検察に起訴された“タマネギ男”こと曹国(チョ・グク)氏だ。韓国政治に詳しいジャーナリストの赤石晋一郎氏が語る。

「選挙後の文政権が真っ先にターゲットにするのは、検察だと見られています。文大統領は就任時から強大な権力を持つ検察改革を掲げており、法曹界出身の曹国氏は文大統領の右腕として、改革の期待を一手に背負って法相に就任した。文氏は一連の疑獄を政権との確執を指摘されてきた検察によるクーデターとみており、今後は検察への圧力を強めると同時に、容疑を否認している 国氏を全力で守り、あらゆる手で無罪の機運を作り出していくはず」

 選挙前の3月から法務畑の与党議員らが「 国守護、反検察」を掲げる集会を開いており、「いまや 国氏は反検察の象徴。次期大統領候補にも名前が浮上している」(前出・在韓ジャーナリスト)。

 皮を何枚剥かれても、運は持っているようだ。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。