記事

34歳、売れないグラビアアイドル 韓国で整形して失敗しました - 吉沢さりぃ

1/2
美容整形市場が急速に成長する韓国。理想の美しさを求めて日本から渡航する人も多いが、なかには「失敗」するケースも。グラビアアイドルやライターとして活動する吉沢さりぃさんもそのひとりだ。「安いからと韓国での整形を選んだ私を待っていたのは地獄でした」。そう語る吉沢さんに、韓国整形の経験談をコラムとして寄稿いただいた。

「あれ、吉沢さん、なんか顔変わりました?」

2月下旬、メディア関係者が集まる飲み会に参加した私は、久々に会ったライターさんからそう言われました。それもそのはず…。私は韓国で美容整形をして、大失敗していたのです。

友人に顔を笑われたショックから、弾丸で韓国行きを決断。待っていたのは、言葉もままならない国で、手足を縛られ、注射を打たれ、激痛を耐え忍んだ結果、妖怪のような顔になってしまうという地獄のような経験でした…。

飲み会で友人に「整形したら?」 心が壊れて韓国行きを決意

整形前の吉沢さりぃさん

私は普段、グラビアアイドルとライター業をしています。グラビアアイドルと言っても、正直全く売れていないのでDVDなどの仕事は年に1回あれば良いほう。主にコラムの執筆や漫画原案などでギリギリ生計をたてています。

そんな私が整形を決意したきっかけは2月の初め。朝起きて鏡を見ると、奥二重のまぶたが腫れてひどい顔になっていました。ものもらいです。「やべぇ顔面だな…」と思いつつも、飲み会の約束があったのでその夜、友人宅へ向かいました。

「どうしたの、その顔?」。久々にあった友人は私の顔を見て爆笑。ものもらいだと説明しても彼女は「整形したら?」と笑い続けたのです。

私は小さいころから、親族に「顔が可愛くないから勉強しなさい」と大分アグレッシブな英才教育を受けていました。だから、見た目、特に顔に関するコンプレックスはとても強く、自分が大して可愛くないことは元々わかっていました。

でも、やっぱり顔を笑われるというのはなかなかメンタルに響くもの…。私の心のなかで何かが決壊してしまい、その日のうちに韓国で整形することを決意しました。

韓国に決めたきっかけは「安さ」 Twitterの整形アカウントに影響も

韓国を選んだのは、普段、Twitterで可愛いと思っていた整形アカウント(整形垢)さん達の大半が韓国で手術してたことと、とにかく「安い」こと。友人おすすめの病院にLINEで予約を入れ、すぐに格安サイトで日帰りの航空券を購入しました。「私のこの笑われる顔は病気!治る!大丈夫!」そう思って韓国に行く日を待ちました。

私がチョイスしたのは“非切開目つき矯正” とホームページに記載されていた手術です。まぶたのうえに小さな穴をあけ、筋肉をひっぱりあげるように縫合し、目の開きをよくするもの。あとから詳細を知りましたが、当時は何をするのかよくわかっていませんでした。

「メイク変えた? 少し可愛くなったね」くらいの変化を目指す私の理想に近い症例写真がネット上には並んでいました。「手術の名前もキャッチーだしこれでいこう」。このゆるすぎる判断がのちに私を地獄に突き落とすことになるのです。

いざソウルへ 待合室には日本人ばかり

Getty Images

日々の仕事をこなしているとあっという間に韓国行きの日が。東京からソウルまで飛行機で渡り、空港から電車を乗り継ぎ予約していた病院に。

なかに入ると待合室にいたのは、ほぼ全員日本人。親子で来ているとおぼしき二人組のお母さんのほうが「先生、よろしくおねがいします。終わるころ迎えにきます」と医師に頭を下げている場面も。なんとも言えない気持ちになりました。

予約の1時間前についた私は、受付でテンションの高い通訳の韓国人女性から、ガウンに着替えるよう指示を受けました。洗顔で化粧を落としたあと、顔の写真を四方八方から撮影され、カウンセリング室に行くと再び通訳の女性がやってきます。

「早速ですが、今日のご予算はいくらデスカ?」

満面の笑みを浮かべる通訳。手元には日本円で30万円ほどありましたが、正直に答えるとぼったくられるかもしれない…。何度かかわそうとするも、とにかく所持金がいくらか聞いてくる。そんな不安から「15万円ほどです」と答えた私に通訳は「そうですか。でもカードも使えるから安心ダヨ」とニッコリ。じゃあ聞かなくてもいいじゃん…。私の限界までお金を使わせたいんでしょう。

この時点で帰りたくなりましたが、「せっかく韓国まで来たんだから」という想いが私を引き止めました。とにかく顔を変えなければ!

待ちに待たされカウンセリングは5分で終了 ナゾの注射をおすすめされるも…

続けて通訳が「帰りの飛行機は22時40分デスネ。21時に病院を出たら大丈夫?」と聞いてきます。病院から空港まで最速でも1時間半程度かかります。国際線は1時間前にチェックインしなければならないので全然大丈夫ではありません。

「無理です。遅くとも20時には出ないと」
「申し訳ないですが、先生は手術がたまっていて、その時間に終わるかわかりません。乗り遅れてもこちらからは何の保証も出来ません」と、なぜか笑顔。

病院のホームページによると非切開目つき矯正は1時間未満。かなり余裕を持って15時に予約したうえに、当日帰国することは事前に伝えてあります。

「日帰りだと前もって話していたんですからなんとかしてください!」と強めに言うと、根負けしたように通訳は「わかりました…」と答えました。

通訳とのバトルを経て、やっと先生とご対面。人気の先生の予約が奇跡的にとれたのでチョロい私は通常料金より3万円も高い先生を指名していたのです。

きっと、手術が上手いだけではなく日本語を話せるスペシャルなお医者さまなんだろう。そんな私の期待を裏切るように先生は「コンニチハ」とだけ言って、猛スピードの韓国語で話し始めました。信じられないスピードで話す先生と笑顔だけど目が笑ってない通訳のコンビには圧倒されました。

銀の棒でまぶたをいろんな位置で押さえては目を開けたり閉じたりを繰り返し、私の顔を診察する先生。非切開目つき矯正が可能だと診断されるまで5分足らずでした。

散々待たされて…コレ? 慌ただしくカウンセリング室を去る先生。あとに残った通訳が「おすすめの注射があるのですが」とさらなる課金を要求してきたので、しっかり断り会計を済ませました。計12万円ほどでした。

あわせて読みたい

「整形手術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。