記事

グウェン・ドク・キェン逮捕でベトナム株に一時パニック売り

ベトナムの実業界で最も有名人のひとりであるグウェン・ドク・キェンはアジア商業銀行の創業者ですが、昨日彼が逮捕されたというニュースでベトナム市場が一時-7%近い急落を演じました。

今回の逮捕は同氏の関与する三つの未公開企業を巡るものであり、アジア商業銀行は直接捜査の対象にはなっていないそうです。キェン氏は同行の発行済み株式数の5%弱を保有しています。

ベトナムでは今回の捜査が広く金融セクター全般にも波及するのではないか?という点が懸念されています。とりわけ現在のベトナムの銀行は去年までの過度の融資拡大(年率30%近い融資成長でした)の反動で、いま焦げ付き融資が増えており、銀行の経営内容に関して投資家は不信感を持っています。

国際通貨基金(IMF)は最近のレポートの中で政府系企業(SOE)の改革が急務であることを強調しています。

ベトナムは今年3月に銀行改革プランを発表しており、政府系銀行、商業銀行のそれぞれに資本強化や焦げ付き融資の処理、問題銀行の救済など、一連の改革プランを示しています。

これに加えて銀行監督当局の権限強化も課題であるとIMFは指摘しています。

あわせて読みたい

「ベトナム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。