記事

経済対策と財政調整基金

1/2

 国の補正予算が30日に成立する事を踏まえ、各地方自治体でも補正予算の編成がほぼ終わったようです。

 それぞれの自治体が工夫をしながら補正予算の財源を工面しています。財政健全化を見る指標は色々とありますが、やはりこのタイミングで最も重要なのは「(自治体の貯金である)財政調整基金」だろうと思います。長期的には「(ストックの借金の度合いである)将来負担比率」とかも考慮の対象になるでしょうが、この短期勝負を見た時には、財政調整基金がどの程度積み上がっているかが自治体の独自対策を打つために振れる「袖」になるでしょう。簡単に言えば「貯金が多けりゃ、イザという時、色々な事が出来る。」という事です。

 都道府県レベルでは、平成30年度決算での総務省地方財政状況調査で財政調整基金の現在高が出ています(リンク先のExcelの行Gです。)。東京都の8428億というのは完全に別格ですね。また、少し古いデータですが、平成28年度決算での同調査では「過去10年の歩み」について都道府県と政令指定都市について出ていたので、それを私なりに纏めたのがこの資料です。後者の資料を見るとよく分かるのは、「大阪維新は本当にきちんとやっているんだな。」という事です。

 我が福岡県は状況が厳しくて、平成18年度決算では48億しかなかったのを頑張って、上記リンクの平成30年度決算では128億まで積み上げていました。ただ、令和元年度予算(3度の補正を含む)、令和2年度予算を経て、新聞報道によると、現時点では56億しか残っていなかったようです。そして、今回の補正で基金からの繰入が95億必要なので、40億弱は減債基金からの繰入になりそうです。減債基金とは、借金の償還用ですから紐付いています。したがって、この繰入は県債新規発行とほぼ同じです。福岡県は既に償還用財源不足が700億以上あります。結果として、数年後から本格化する(減債基金で対応する)臨時財政対策債の償還はどんどん厳しくなります。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。