記事

今注目テレ東の凄さ コロナでも放送継続、実写化不可能を実現

実写化で注目の『きょうの猫村さん』(公式HPより)

 新型コロナウイルス拡大防止のためにテレビ各局ではさまざまな試みを行っているが、その対応がもっとも評価されているのがテレビ東京だ。もともと、番組作りにおいては、低予算でありながら企画力で勝負していることは知られているが、今注目の“テレ東流”について改めて考察した。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真12枚】テレ東の福田典子アナらのマスクをした私服姿

 * * *
 このところ、「緊急事態宣言」発表時の通常番組放送、『家、ついて行ってイイですか?』の撮影マニュアル公開、ロケ中止で「全員リモート出演」の別番組に変更、「出社率2割以下」を達成……テレビ東京への称賛が続いています。

 しかし、テレビ東京が凄いのは新型コロナウイルスへのスピーディーかつ柔軟な対応だけではありません。今春は大半の新作ドラマが放送延期という危機に見舞われる中、テレビ東京は「実写化不可能」と言われた3作品を放送し続けているのです。

 なぜテレビ東京は「実写化不可能」と言われた作品を手がけられ、コロナ禍の中でも放送し続けられるのでしょうか。

◆挑戦を後押しするムードが社内に浸透

 その「実写化不可能」と言われた作品は、『浦安鉄筋家族』(金曜24時12分~)、『きょうの猫村さん』(水曜24時52分~)、『レンタルなんもしない人』(水曜24時12分~)。

「暴力、タバコ、危険行為など問題シーンばかり」「主人公の猫をどう人物化するのか」「『なんもしない』という制約がドラマ性に欠ける」。「実写化が難しい」と言われる理由はそれぞれですが、けっきょくすべて実現させてしまったことにあらためて驚かされます。

 テレビ東京だけがこれらを手がけられる最大の理由は、挑戦を後押しする自由な社風。事実、『浦安鉄筋家族』の藤田絵里花プロデューサーは、これがデビュー作であるにもかかわらず、いきなり問題作に挑戦。藤田プロデューサーは、「一年後、この六本木テレビ東京のビルに私の姿は無いかもしれません…。そんな覚悟で(中略)『テレビ東京にしかできない』いえ、浦安市出身で原作をこよなく愛する『私にしかできない』ドラマ作りにチャレンジしたい」と意欲を語っていました。

 さらに上司の阿部真士チーフプロデューサーが、「(藤田プロデューサーの)『わたし、7年連続でおみくじは大吉を引いています!』という言葉に押されて勢いで企画を通しました。ちょっと常識からズレていて、漫画の中から出てきたみたいな新人プロデューサーが全力でコンプライアンスに挑むので色々問題はあると思います。ですが、浦安を愛してやまない気持ちに免じて大目に見ていただければ幸いです」とコメント。後輩の挑戦をユーモアたっぷりに後押ししている様子が伝わってきます。

 同様に、『きょうの猫村さん』の濱谷晃一プロデューサーは「こんなチャレンジングな実写化」「猫村さん役という突拍子もないオファー」、『レンタルなんもしない人』の稲田秀樹プロデューサーは「おそらくは史上初であろう『なんもしない』主人公」「何もしないドラマですけど、それで良ければご覧ください」とコメントしていました。テレビ東京に挑戦しやすいムードがあり、プロデューサー自らそれを楽しもうとしているのです。

◆熱量の高さと短期集中型の撮影

 もちろん、ただ自由に挑戦すればいいのではなく、やるからには相当な熱量が必要。実際、テレビ東京のチャレンジングな実写化ドラマは、「プロデューサーや演出家がその作品の大ファン」というケースが大半を占めていますし、「これがやりたいんだ」という思いの強さで実現にこぎつけています。

『きょうの猫村さん』で主演を務める松重豊さんが、「最初にお話を頂いてから何年か経ち、もう立ち消えになったかと思うと淋しく感じたものです」とコメントしていました。いかに制作サイドが丁寧かつ熱心にオファーを出し続けていたかがわかるでしょう。

 重要なのは、その熱量がスタッフとキャストのモチベーションにつながっていくこと。プロデューサーの熱量に応えるべく、質の高いスタッフとキャストが集まり、撮影現場の熱気が上がっていくのです。

 また、「深夜帯に多くのドラマ枠を編成し、視聴率などのマーケティングから逆算して作らないこと」「短期集中型の撮影スケジュールが多いこと」もスタッフとキャストのモチベーションを上げていると言えるでしょう。

 さらに言えば、短期集中型の収録スケジュールは、「制作費を抑えやすく、スタッフとキャストのスケジュールが押さえやすい」というテレビ東京らしい制作術とも言えます。現在、新型コロナウイルスの影響で放送延期に追い込まれる新作ドラマが多い中、この3作が無事に放送を続けられているのも、他局とは異なる制作スケジュールで撮影されているからでしょう。

『浦安鉄筋家族』のホームページには「テレ東がまたやらかします!!」というキャッチフレーズが書かれていました。これまでもテレビ東京は、『アオイホノオ』『山田孝之の東京都北区赤羽』『こえ恋』『スモーキング』『宮本から君へ』『日本ボロ宿紀行』『死役所』など、「実写化は難しいだろう」と言われた作品を次々に実現させてきた歴史があります。「これらの実績があるから、今春の3作も挑戦できた」と言えるかもしれません。

 重苦しいムードに覆われている今だからこそ、『浦安鉄筋家族』で笑い、『きょうの猫村さん』でほっこりし、『レンタルなんもしない人』で癒される。そんな過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビ東京」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。