記事

トランプ氏「郵政公社支援停止も」、アマゾン向けなど値上げ要求


[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、米郵政公社(USPS)がアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などの商品配送料を引き上げなければ、連邦政府の支援を停止するとけん制した。

トランプ大統領は4840億ドルの新型コロナウイルス追加対策法案の署名式で、記者団に対し「USPSはジョークに過ぎない。アマゾンや他のインターネット企業の宅配を引き受けるたびに金を失っている」と批判。「配送料を約4倍に引き上げるべきだ」と述べた。

USPS幹部がインターネット小売大手と「なれ合い」の関係にあるとも批判した。

トランプ大統領はUSPSがアマゾンなどの宅配を安い配送料で受託しているとして、長らく批判してきている。アマゾンの創業者ベゾス最高経営責任者(CEO)はトランプ政権に批判的なワシントン・ポスト紙を保有している。

USPSはこれまでに、連邦政府の支援がなければ9月以降サービスを継続できない可能性があると明らかにしており、議会は2兆3000億ドル規模の新型コロナ経済対策の最大100億ドルをUSPS向け融資に充てることを承認している。

署名式に同席したムニューシン財務長官は「融資の一環として、郵政改革に向けた特定の要件を設ける」計画を明らかにした。

しかし、トランプ大統領はムニューシン長官に対し「USPSが配送料を引き上げなければ、支援に向けた文書には署名しない。どのような措置も承認しない」と言明した。

トランプ大統領はその後ツイッターへの投稿で、USPSの改革を望んでおり、「USPSを破綻させることはしない」と述べた。

アマゾンやイーベイなどで構成するパッケージ・コーリションは、新型コロナ流行を背景に宅配への依存が高まる中、配送料の値上げは消費者に打撃を与えると批判した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。