記事

トランプ氏「郵政公社支援停止も」、アマゾン向けなど値上げ要求


[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、米郵政公社(USPS)がアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などの商品配送料を引き上げなければ、連邦政府の支援を停止するとけん制した。

トランプ大統領は4840億ドルの新型コロナウイルス追加対策法案の署名式で、記者団に対し「USPSはジョークに過ぎない。アマゾンや他のインターネット企業の宅配を引き受けるたびに金を失っている」と批判。「配送料を約4倍に引き上げるべきだ」と述べた。

USPS幹部がインターネット小売大手と「なれ合い」の関係にあるとも批判した。

トランプ大統領はUSPSがアマゾンなどの宅配を安い配送料で受託しているとして、長らく批判してきている。アマゾンの創業者ベゾス最高経営責任者(CEO)はトランプ政権に批判的なワシントン・ポスト紙を保有している。

USPSはこれまでに、連邦政府の支援がなければ9月以降サービスを継続できない可能性があると明らかにしており、議会は2兆3000億ドル規模の新型コロナ経済対策の最大100億ドルをUSPS向け融資に充てることを承認している。

署名式に同席したムニューシン財務長官は「融資の一環として、郵政改革に向けた特定の要件を設ける」計画を明らかにした。

しかし、トランプ大統領はムニューシン長官に対し「USPSが配送料を引き上げなければ、支援に向けた文書には署名しない。どのような措置も承認しない」と言明した。

トランプ大統領はその後ツイッターへの投稿で、USPSの改革を望んでおり、「USPSを破綻させることはしない」と述べた。

アマゾンやイーベイなどで構成するパッケージ・コーリションは、新型コロナ流行を背景に宅配への依存が高まる中、配送料の値上げは消費者に打撃を与えると批判した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  5. 5

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  7. 7

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。