記事

あり得ない!野党の補正予算組み替え要求‼ 今は挙国一致で速やかな成立を期すべし!

[画像をブログで見る]

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 我が国を繋ぎ、護り、発展させるために、中共武漢発の新型コロナウイルス感染症対策はまったなしです。

●4月27日(月)より26兆円の補正予算審議開始

 政府・自民党では、週明けの4月27日(月)に衆参両院において、新しい給付金(住民一人10万円、中小企業200万円・個人事業主100万円以内)をはじめとした補正予算26兆円の審議に入ります。麻生財務大臣の財政演説を受けて、各党代表質問となります。次のような段階を経て、4月中には成立させて、予算執行に移したいと思います。

 衆本会議・参本会議→衆予算委→衆本会議→参予算委→参本会議で成立

●野党4党が補正予算の組み替え要求!?

NHKニュースによると、今年度の補正予算案をめぐり野党4党(立憲、国民、共産、社民)の党首らが会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策としては内容も規模も不十分だとして組み替えを求める方針で一致したとのことです。立憲民主党の枝野代表は、記者団に対し「政府の補正予算案は国民生活や現場の実態を全く受け止めていない内容で、量的にも足りない。実効性のある予算案になるよう野党で一致して組み替えを求めたい」と述べたとのことです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200424/k10012403281000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

 私はその報道に接して、野党4党の対応は、あり得ないものであり、呆れてしまいました。

 国民一律10万円給付は野党も求めていたことです。家賃補助はじめまだまだ課題があるのは承知していますが、それは、補正予算案の中に予備費1.5兆円が盛り込まれており、緊急には対応できますし、それでも足りなければ第二次補正予算を至急組めばよいだけです。既に、国民一律10万円給付を実施するため、補正予算審議は1週間遅れています。さらに、遅らせてしまうことは、準備する地方公共団体を混乱させ、何よりも国民生活や経済活動にとって、マイナス以外の何物でもありません。

●野党の政府与党攻撃の役割を理解するも、大前提は国家国民のため

 野党は、政府・与党の姿勢や政策を批判し攻撃することが役割だということは十分理解しています。それは、政府・与党も当然完璧ではありえず、行き過ぎたり、間違ったりすることがあるからです。しかしながら、その大前提は、与党や野党であっても、国家国民のためであるということです。国難に際して、国民一体となって、未知の感染症と戦っている最中で、今回の野党4党の対応は反国家、反国民的行動と思わざるを得ません。

 皆さんは、どうお感じになっていますか。

あわせて読みたい

「補正予算」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。