記事

スーツ姿で都心駅前の「痴漢外来」に通う男性たちが抱える闇

1/2

何度捕まっても痴漢犯罪を繰り返す人がいる。彼らは「やめたいのに、やめられない」と話す。筑波大学の原田隆之教授は、「本人の反省に訴えかけるだけの処罰には、十分な効果がない。『依存症』と考えて、治療を目指すべきだろう」という――。

※本稿は原田隆之『痴漢外来 性犯罪と闘う科学』(ちくま新書)の一部を抜粋、見出しなど再編集したものです。

渋谷駅前・スクランブル交差点※写真はイメージです - PIXTA

職業も年齢もさまざまだが、例外なく全員が男性

東京都心にあるターミナル駅の駅前に、その病院はある。一日の乗降客は200万人を超えているというから、日本だけでなく、世界でも指折りのマンモス駅である。

元来ここは、依存症を専門とする数少ない精神科病院として、アルコール依存症、薬物依存症などの患者を拒むことなく受け入れてきた駆け込み寺のような場所である。この病院のワンフロアで、痴漢外来の治療が実施されている。

私が担当するのは、毎週平日の夜に行われるプログラムである。その日の夜になると、仕事を終えたスーツ姿のサラリーマン、大学の授業を終えた学生、自営業の男性など、職業も年齢もさまざまな「患者さん」がやって来る。そして、机がロの字型に並べられた部屋に入り、それぞれが思い思いの席につく。

職業も年齢もさまざまな人々であるが、共通していることが二つある。第一に、全員が男性だということだ。これは、10年間例外がない。そして第二に、当然ながら皆それぞれ、性に関する問題を抱えているということだ。

やっと「治療の場」を見つけたという安堵感

第一回目のセッションでは、それぞれが皆初対面であり、名前も顔も知らない者同士である。最初は全員がうつむき加減で、緊張感を露わにしている。誰しもここに来るまでに、相当なハードルがあったことは容易に想像できる。はじめて病院に電話したとき、はじめて病院の門をくぐったとき、精神科医による初診でこれまでの自分の行動について話したとき、どれもそれぞれに緊張の瞬間だっただろう。

そして、主治医から「性的依存症」「性嗜好障害」などの診断が下され、治療プログラムを受けるように指示されて、この日を迎えたわけである。病院の門をくぐったときの一人の緊張感とは違って、今度はほかに10人もの他人がいるのだから、別の居心地の悪さを感じているだろう。

その一方で、すでにそこには一種の連帯感のようなものが生まれているのを感じる。誤解のないように言っておくが、それはもちろん共犯者意識のようなものではない。同じような問題を抱え、これまでどこにも相談できず、どうすればよいのかわからずに途方に暮れていた人たちが、やっと「治療の場」を見つけたという安堵感のような気持ちである。

毎週一回、全24回のセッション

私は「性犯罪者再犯防止プログラム」「薬物依存離脱指導プログラム」の開発に携わった後、法務省を辞した。その後2006年からこの病院で、薬物依存症の治療プログラムにかかわっていたのだが、2008年から痴漢をはじめとする性犯罪歴や性的問題行動を有する人たちの治療グループも担当することになった。そこで用いている治療プログラムは、刑務所のものとは別に、病院での外来治療用に私自身が開発したもので、すでに首都圏の他の病院でも実施していたものである。

痴漢外来の治療プログラムは、基本的に週1回、全24回のセッション(合計約6カ月)で実施される。「ワークブック」に沿って、集団療法で行われ、毎回10人を超す患者さんが参加している。これが、10年あまり続いている。

最初は、そんなに患者さんが集まるのか、6カ月も続く治療をきちんと受け続ける人はいるのか、などと危惧していた。しかし始めてみて、すぐにそれは杞憂(きゆう)であることがわかった。いつも一クールが終了する頃には、20名近い新患の人々が参加待ちをしているという状況が、開始以来ずっと続いている。つまり、それだけ痴漢などの性的問題行動がやめられない人の数が多い、しかも、治療を望んでいる人の数が多いということなのである。

「自力ではやめられない」という深刻さ

こうした人々のほとんどは、「やめたい、やめなければならない」と思いながらも、自力ではどうすることもできず、何度も逮捕されたり、はては受刑したりという経験を持っているのである。「なぜやめられないのか」。ほとんどの方はそう思うだろう。逮捕されたり、刑務所に入ったりすれば、普通は懲(こ)りるはずだ。反省が足りないのではないか。実は、当の本人たちもそう思っている。

しかし、「やめたいのに、やめられない」。これがこの問題の深刻な点なのである。いくら反省しても、どれだけ強く誓っても、自力ではなかなかやめられない。刑務所に入ってすら、やめることができない。それは、何も彼らが反省をしていないわけではない。先にも述べたように、本人の反省に訴えかけるだけの処罰には、十分な効果がないからである。

こうした性犯罪の一部は「依存症(アディクション)」であると考えられている。すべてではないにしろ、「やめたいのに、やめられない」たぐいの行為、まさに痴漢、盗撮、下着窃盗などの多くが、依存症のメカニズムで説明でき、治療にあたっても依存症の治療モデルが活用できる。

他の依存症治療に比べ途中の脱落者が少ない

治療は毎回、私ともう一人の治療スタッフで実施する。患者さんにはワークブックを配布し、それを用いて決められたセッションを定められた予定にしたがって行う。このワークブックは、各自の過去の問題行動を分析したり、その対策を考えたりする内容となっている。各自の課題が終了したあとは、意見を発表し合ったりもする。

患者さんは皆、非常に熱心である。依存症治療全般に言える特徴の一つに、治療脱落(ドロップアウト)の多さが指摘されるが、痴漢外来の患者さんは脱落が非常に少なく、治療終結率が高い。われわれの研究データでは、平均出席率は70%を超えており、アルコール依存症や薬物依存症の治療においては、それがせいぜい50%であることを考えると、きわめて高い数字である。

患者さんの多くは、昼間はきちんとした仕事をしているため、治療プログラムの実施は夕方である。仕事が終わるや否や急いで職場を抜け出して、一時間から一時間半の治療セッションに参加するので、ターミナル駅の目の前という立地は、非常に都合が良い。

スーツ姿の患者さんが目立つというのは、覚醒剤やアルコール依存症の治療場面ではなかなか見られない特徴である。なぜなら、これら物質依存症の場合は、物質の作用によって身体や心まで壊れてしまい、仕事を続けることができなくなってしまうからだ。あるいは、もともと正業に就いたことがないという人も多い。

あわせて読みたい

「痴漢」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  5. 5

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  8. 8

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  9. 9

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

  10. 10

    日米共同声明 触れられたのは「台湾」ではなく「台湾海峡」

    緒方 林太郎

    04月20日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。