記事

何かを始めるとき、勇気がいるのは最初だけ。「またなんか言ってるよ〜」と思われるくらいでいい──ロバート キャンベル×弘中綾香

1/2

気にしたくなくても、気になってしまう他人の目。それは決して性格だけが原因ではなく、昔から顕著に見られる日本人の「気質」や、それによって醸成される雰囲気も影響しているのかも。

「その「がんばり」って、本当に必要?」をテーマに、日本文学研究者のロバート キャンベルさんと、冠番組やラジオ、エッセイ連載など幅広い活動をするテレビ朝日アナウンサーの弘中綾香さんが語り合う対談。前編では、「世間」を気にせず、自由に活動をするためのコツを中心に話を聞きました。後編では「日本人の気質」を軸にお二人が、役割に捉われがちな現代人が楽になる方法を考えます。


2020年4月16日
「世間」を気にして頑張りすぎていませんか?「会社に消費されずに、利益を得よう」と発想を変えたんです──ロバート キャンベル×弘中綾香

日本は「型」から入る役割重視社会


多くの人が他人の目を気にしてしまうのは、職場で無理している人が多いからなのかな。


同調圧力を感じることは、ありますね。


みんなと同じようにやらないと、機会を失ってしまうかもしれない、という空気ですね。


職場に限らず、これまで学校や家での教育でも、同じことを感じてきたように思います。


昔から日本は、「役割重視社会」なんですよね。自分が期待されている仕事や役割から、足を踏み出すことへの禁忌意識がとても強い。

ロバート キャンベル。日本文学研究者。国文学研究資料館長。近世・近代日本文学が専門。テレビでMCやニュース・コメンテーター等を務める一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組企画・出演など、多方面で活躍中


少なくとも、江戸時代には「士農工商」という形で、身分がはっきりと分かれていました。

着物の柄や文様、生地、振る舞い……。そういった型が、生まれた身分によって決められていた。外形と中身を連動させる力が働いていたんです。

見た目ですべてわかってしまうんですね。


型にはまることは、決して悪いことではありません。むしろ、型に抗おうとするのも大変で。たとえば、平賀源内(※)のように他者から正当に評価されず、精神を病んで亡くなってしまった人もいます。

ただ、現代の日本のように、「女子アナ」や「女医」など狭い役割の中で高い価値をつくる、というのは昔の日本にはあまり見られない部分でもありますね。

※江戸中期の発明家、文芸家、陶芸家、画家、本草家(薬学・博物学者)、起業家、鉱山家。多彩な才能を持ち、日本初の発電機「エレキテル」を完成させた人物として知られる。

「自分が思うように、受け入れられないのでは」という不安


僕はゲイということを公言していることもあり、セクシャルマイノリティの人たちからよく相談を受けます。

彼ら、彼女たちの多くは「自分のセクシュアリティを職場でカミングアウトできない」と言います。

必ずしもカミングアウトをすべきだという話ではありませんが、彼らは「直属の上司に理解してもらえなかったら、機会損失をしてしまう可能性がある」と。

そんな不安があるんですね……。


セクシャルマイノリティのタレントは日常的にテレビで見るようになりましたよね。

ただ、その属性が仕事に紐付かない人たちが「私はセクシャルマイノリティです」と語るのは、欧米では浸透してきましたが、世界的に見るとまだまだ少ないと感じます。

どこかで「自分が思っているようには、受け入れてくれないのではないか」と漠然とした不安を抱えているからでしょう。



目に見えない不安ですね。


はい。セクシャルマイノリティに限ったことではなくて。

「ちょっとあの人違うよね」と言われてしまうと、もう復活戦がないような状態なんですよね。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  6. 6

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  7. 7

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  10. 10

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。