記事

《熱いメッセージが大反響》日テレ藤井貴彦アナがスタッフに洩らしていた同期入社・羽鳥慎一へのホンネ - 「文春オンライン」特集班

1/2

 新型コロナウイルス感染拡大で閉塞感に包まれた我々の巣ごもり生活。テレビを点ければ不安が募るようなニュースばかり。そんな中で、いま日本テレビ「news every.」のメーンキャスター、藤井貴彦アナウンサー(48)の人気が急上昇しているという。

藤井貴彦アナウンサー 2020年4月21日(「news every.」日本テレビ系より)

“藤井コロナ語録”に集まる注目

 注目されているのは、彼自身の人柄を示す“藤井コロナ語録”である。たとえば、緊急事態宣言が出て1週間となった4月14日の放送の言葉。

「2週間後の未来を変えられるように今日もご協力をお願いします。命より大切な食事会やパーティはありません」

 少しユーモアがあって、メッセージがしっかりとある。それが藤井アナの言葉が注目されるゆえんだ。

 安倍晋三首相が新型コロナウイルスに対する経済対策として、所得が減少した世帯向けに30万円を給付する当初案を見直し、所得制限を設けず国民に一律10万円を給付する考えを表明した4月16日の翌日はこんなひと言。

「皆さんの手でしか感染は食い止められません。私たちの努力が、この事態を終息することができるのです。外出を自粛し感染拡大を防止しようとする皆さんの努力は10万円より価値のあるものです」(4月17日)

 緊急事態宣言の全国拡大から初めての週末を経た月曜日には、各地で行われている外出自粛の取り組みに関するニュースを受けて、こんなコメント。

「今、緊急事態宣言を受けて自分を律している人ほど、観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。しかし皆さんのような人たちがいるからこそ、欧米のような医療崩壊を防げています。今は皆の足並みが揃わなくても、その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。そして全国にはまだ感染者の少ない地域も多くあります。不用意に生活エリアを越えた移動をしないこと。これが、誰かの故郷を守ることに繋がります」(4月20日)

 4月7日の緊急事態宣言から2週間が経った火曜日は、休業を迫られている中、生活のために開店している飲食店や施設の特集を受けてこうコメント。

「緊急事態宣言を受けてお客さんが激減する中、お金儲けをしようと思って開けているお店はないと思います。ですから今大切なのは、生活のために開けているお店への批判ではなく、お世話になってきたお店への応援ではないでしょうか。電話1本、LINE1通でも、何が自分にできるか気付けると思います。自粛要請の限界や矛盾を店主に押し付けないためにも、皆さんの温かい一言が必要です」(4月21日)

 こうした藤井アナの熱いメッセージはツイッターでもトレンド入りするほどの反響を呼んでいる。「救われる」「ほんとに心に刺さる」「どんな政治家よりわかりやすく心に響く」「1日のストレスが和らぐ」「気持ちが少し静まった」などなど、多くのコメントが寄せられている。

同期の羽鳥アナウンサーとは“陽と陰”の関係

 藤井貴彦アナは東京都新宿区出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、1994年に日本テレビに入社した。同期はいまや人気トップのフリーアナウンサー、羽鳥慎一(49)だ。

「羽鳥アナが182センチメートル、藤井アナが181センチメートルなので、新人時代は『ツインタワー』の愛称で2人は呼ばれていました」(日テレ関係者)

 だが、2人の辿った道は対照的。まさに陽と陰だった。

 入社当初から羽鳥は報道にバラエティに大活躍。日本テレビの朝の看板枠だった「ズームイン!!SUPER」の司会を8年にわたり担当し、40歳となった2011年には華麗にフリー転身。いまや自分の名前を冠した「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が視聴率同時間帯トップ。「週刊文春」恒例の好きなアナウンサーランキングでは、2017年は3位、2018年と2019年は2位と常にトップスリーをキープしている。

 対して藤井アナは地味で目立たないアナウンサーだった。入社後は「ニュースプラス1」のスポーツキャスター、ニュースキャスターなどを担当。まさに堅物で、周囲からも“接しにくい”人物だと思われていた。「昔の藤井アナのキャラは今とは全然違う」と語るのは、若手時代を知るテレビ業界関係者だ。

「正直、若手の頃はあまり感じのいいタイプではなかった。後輩やスタッフの面倒見も良くなかった。プライベートを明かさないことでも有名で、ご結婚して小学生くらいのお子さんもいらっしゃいますが、ごく近しい人以外には家族の話すら一切しない。『アナウンサーは芸能人ではない。プライベートをやたらに明かす必要はない』との考えなんだそうです。結婚したときも周囲に積極的には知らせなかったようです。いい意味でも悪い意味でもドライだった」

1999年「ウリナリ!!」ドーバー海峡横断部に参加

 その堅物キャラがバラエティでハマることもあった。当時、高視聴率をとっていた「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の人気企画“ドーバー海峡横断部”。1999年のことだ。

「内村光良をリーダーに、ウド鈴木、よゐこ濱口、堀部圭亮、藤井アナと元プロテニスプレイヤーの神尾米さんが、イギリスとフランスを隔てる約34キロメートルのドーバー海峡をリレーで横断するという企画です。企画開始時のメンバーが次々脱落し、新たな部員として参加したのが当時27歳だった藤井アナでした。

 横断実現までに2年ほどかかった長期コーナーだったので、横断実現した頃にはメンバーが相当仲が良くなったとか。『横断成功したら合コンをしよう』という内村さんのかねてからの提案で、藤井アナが仕切って三宿にあるダイニングバーで合コンを開催したようです。女性陣は藤井アナが声をかけ、CAやOLが集まったとか。でも『あまり盛り上がらなかった』と内村さんがラジオで明かしています」(同前)

あわせて読みたい

「日本テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。