記事

ドルやや上昇、原油価格回復でも安全需要継続=NY市場


[ニューヨーク 22日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが前日に続きやや上昇した。原油価格が回復し市場が安定化し始めたものの、安全通貨に対する需要は継続している。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数<=USD>は0.19%高の100.39。一時は100.50と、2週間ぶりの水準に上昇した。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国による追加減産の可能性に向けた協議のほか、米国の原油在庫が予想ほど大きく増加しなかったことが安心材料となり、北海ブレント先物<LCOc1>はこの日の取引で上昇。米原油先物も上向いた。

この日は株式相場が安定化したことで、大半の通貨が狭いレンジ内での取引となった。マネーコープ・ノースアメリカのマネジングディレクター、トーマス・アンダーソン氏は「政府の新型コロナウイルス感染拡大への対応と、感染拡大抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)解除の2点が市場で大きく注目されている」と述べた。

米議会上院は21日、4840億ドルの新型コロナウイルス追加対策法案を全会一致で可決。下院では23日に採決される見通しなっている。

ドルは対円<JPY=>でほぼ横ばい。

ユーロ<EUR=>は23日に欧州連合(EU)首脳会議を控えレンジ内での取引となった。終盤の取引で対ドルで0.3%安。対円では約0.4%安となった。

英ポンドには買い戻しが入り、地合いを回復した。

原油価格の回復を受け、コモディティ通貨に対する圧力が軽減。カナダドル<CAD=>が対ドルで0.15%上昇したほか、豪ドル<AUD=D3>は小売統計が好調だったことも押し上げ要因となり0.67%上昇した。ただノルウェークローネは軟調が続き、対ドルで約4週間ぶり安値を更新した。

ドル/円 NY終値 107.72/107.77

始値 107.63

高値 107.93

安値 107.61

ユーロ/ドル NY終値 1.0822/1.0824

始値 1.0869

高値 1.0885

安値 1.0804

トピックス

ランキング

  1. 1

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。