記事

『働き方改革』で差が生まれる ビジネス系インフルエンサーが語る令和時代の仕事論


何よりも「成果」が求められるビジネスの世界。直近では、働き方改革や在宅勤務の浸透など、労働環境にも大きな変化が訪れている。こうした潮流のなか、新時代のプロフェッショナルを目指すビジネスパーソンのためのゼリー飲料「リポビタンゼリー」が4月1日に登場した。

発売にあわせ、「リポビタンゼリー」を販売する大正製薬は若手社員とベテラン社員、あわせて279名について働き方をテーマにした調査を実施。その結果、「現代において、仕事のプロフェッショナルとして求められる条件・在り方は変化していると感じる」と約7割のビジネスパーソンが回答したという。

[調査概要]
・調査内容:「働き方」に関する調査
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2020年3月19日(木)~24日(火)
・調査対象:20~50代 会社員男女 279名
※若手社員(働き始めてから5年未満)110名・ベテラン社員(働き始めてから20年以上)169名

ビジネス環境の変化をチャンスに変えるために必要な「思考法」とは

アンケートの結果を受け、「リポビタンゼリー」発売にあわせた企画の一環として、今回、「21世紀を生き抜くサラリーマン像の在り方」について日々情報発信をおこなうTwitterインフルエンサー、イシコ氏にインタビューをおこなった。

ビジネスパーソンに意識変化が求められる現代社会において、「働くうえで本質的に大事なこと」や「できるビジネスパーソンの条件」など、イシコ氏の考えを聞いた。

■イシコ氏@newsalaryman_21
総合商社勤務・海外駐在を経て、ベンチャー商社へ転職。 転職後の”時給”は約2倍に。仕事や家庭、キャリア等の情報発信で注目を集める、ビジネス界で人気のTwitterインフルエンサー。ブログ (https://plan-b-susume.com/)でも情報発信中。

多様化する時代だからこそ、受け身になってはいけない

――早速ですが、昨今の「働き方改革」や「仕事に対する意識の変化」を、イシコさん自身はどう捉えていますか?

このご時世で、テレワークや在宅勤務が広がってきていますが、その中で意識の二極化が進んでいるなと感じてます。具体的には、不要な通勤時間などから解放されて生産性高く働けている人と、上司の監視がなくなった結果、自分をコントロールできず、生産性が下がっている人が出てきているように思えます。

『働き方改革』を政府や企業は謳っていますが、ただ受け身になって『じゃあ、残業はやめよう!』と思考停止するのでは意味がありません。若くて独身だからこそ、周りより濃度の濃い一年を過ごして成長すべきタイミングの人もいるかもしれない。多様化している今だからこそ、「“働かせられ”改革」ではなく「“働き”方改革」となるように受け身にならず、自分のキャリアを描いて行動に移す能力がより一層必要になってくると思います。

――イシコさんのなかで、そういった働き方に対する意識改革が起きたキッカケなどはあったのでしょうか?

ありましたね。前職時代、ヨーロッパへ海外出張に行った際に、仲良くなった取引先の方の働き方にすごく感銘を受けたんです。その方は30代後半くらいで、3人のお子さんを共働きで育てていたのですが、土曜日の日中は家族で遊んで、夕方になったらベビーシッターに子どもを預けて夫婦で遊びに行くというライフスタイルを送っていたんです。

『子どもがいるかどうかの前に、夫婦の時間を大事にしたい』という言葉を聞いたとき、これまでの自分の働き方がいかに画一的で、レールに乗っかった生き方をしてきたのかを実感させられました。この考え自体が良いか悪いかとかではなく、この人のように自分がやりたい働き方を受容出来て、体現出来る人でありたいと強く思うようになりました。

――その時の経験が、今の働き方や情報発信に活きてきているんですね。

そうですね。我が家にも小さな子どもがいるので、定時に帰って家族の時間を作りつつ、いかにスキマ時間で自分の時間を生み出せるかが、日々の研究テーマです。最近Twitterで発信した帰宅ランもその一環として始めたものです。帰宅ランをする夕方には小腹も空いているので、『リポビタンゼリー』のようなすばやくエネルギー補給ができるようなアイテムを活用したいですね。

これからのビジネスパーソンが持つべきマインド

――この記事を読んでいる若手社員の方や、働き方を見直したいと考えている方に向けて、イシコさんが考える「すべてのビジネスパーソンに共通して必要となってくるマインドや考え方」を教えてください。

「かつての上司から言われた仕事における『三流、二流、一流、超一流』の考え方は今でも大事にしています」

やはり組織に属している以上、すべてのことを一人でやるのは難しいですし、一人で10の成果を出すよりは周りを味方につけて100の成果を出すべきです。自分が一流営業マンであることも大事ですが、それ以上に自分の成功体験やノウハウを仕組み化したりマニュアル化したりして、他の人でも再現性の高いものに仕上げられてこそ“超一流”だと思います。

――若手のうちから、そういった仕組みづくりやマニュアル化ができる力を身に付けるためには一体何から始めればよいでしょうか?

第一歩として小さな成功体験を言語化することから始めてみてほしいですね。なぜ成功したのか?そこに普遍的な要素はあったのか?など、細かな要素に落とし込んで言葉にするトレーニングをするんです。そのためにはTwitterは最適なツールだと思ってます。こうやって再現性の高い成功体験をたくさん作っておくと、キャリアアップや転職の際にも非常に役に立ちますよ。

目標は「逆算して」「行動に移す」までがセット

――その他に、年次や業界に関わらず本質的に必要なキャリアアップスキルは何だと考えられていますか?

自分のなりたい姿や目標があるのであれば、それを現在に引き戻して逆算し、今何をすべきなのか、細かく行動に落とし込む思考を持つことが何より大事です。『30歳までに年収1000万を稼ぎたい』という目標を掲げるだけでは、絵に描いた餅で終わってしまいます。本業でもし800万円に到達する見込みがあるとしたら、副業で200万稼ぐ必要がある。これを月収に換算すると約20万、日給にすると約7000円になります。「ではそのために何をするのか?」 あくまでも仮定ですが、少しでも解像度高く、目標までの過程を描き切れるか、そしてそのための一歩を踏み出せるかがとても重要です。


自己成長の時間を生み出す為に、生産性向上は必要不可欠

学生時代と違い、社会人には締め切りがないので、将来のキャリアのために何か始めたいと思っていたとしても、ついつい日々の忙しさを理由に後回しにしてしまう方って多いと思います。確実に自分の未来に投資していくためにも、仕事をやった気で終わらせず、生産性を高めていく工夫は常にやっていくべきですよね。

――仰る通り、日々の作業に追われて成長のために必要な時間が奪われるのは勿体ないですよね。

そうなんです。キャリアアップのための英語学習などは、重要度は高いけれど、緊急度は高くないものなので、ちゃんと取り組める人が少ないのが現実です。だからこそ、仕事の生産性を高めつつ、日々、未来への投資の時間を逆算して作っていくことが、これからの時代のビジネスマンにとって必要不可欠なスキルとなってきますし、これが出来ると出来ないで大きな差が出てくると思います。

短時間で栄養チャージ 新しい働き方を応援する「リポビタンゼリー」

プライベートやキャリアップに必要な学習のためにも、効率良く仕事をこなすことがこれからの時代の鍵となるというイシコ氏。「リポビタンゼリー」は、同氏のような「新しいプロフェッショナル」をサポートするための新製品だ。


「リポビタンゼリー」は、「エネルギーが足りない」と感じたときにすばやく栄養を補給できるため、多忙なビジネスパーソンに最適だ。ゼリー飲料なので、ミーティングの合間や資料作成の追い込み時など、小腹を満たしながらすばやく栄養を補給したい時に便利なアイテムとなっている。

「リポビタンゼリー」など商品が当たるTwitterキャンペーンも実施中

新発売を記念して、4月20日(月)からは「リポビタンゼリー『NEOプロフェッショナル』応援キャンペーン」も実施中。Twitterにて「生産性UPのために工夫していること」を投稿すると合計200名様に、「リポビタンゼリー」をはじめとしたアイテムが当たるという。気になる方は一度Twitterをチェックしてみてはいかがだろうか?

【キャンペーン概要】
・応募期間:2020年4月20日(月)~4月29日(水)
・応募方法:「リポビタンD」の公式Twitterアカウント(@Lipod_taisho)をフォロー後、本キャンペーン指定のハッシュタグ「#NEOプロフェッショナル」および「#リポビタンゼリー」を付けて、あなたにとっての効率的な働き方をツイート。
・TwitterアカウントURL:https://twitter.com/Lipod_taisho
・賞品/当選人数:①即時抽選 Amazonギフト券 1,000円分/100名様
②後日抽選(ダブルチャンス)
A賞 Apple Watch Series 5(GPSモデル) 5名様
B賞 リポビタンゼリー 現品 95名様
※Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
※Apple WatchはApple Inc.の商標です。

政府主導で働き方改革が推進されるなど、大きな変化が必要だといわれている日本のビジネスシーン。新たな働き方やプロフェッショナル像が必要な今だからこそ、イシコ氏のようなビジネスパーソンの発信を参考にしつつ、自分のキャリアを一歩進めてみてはいかがだろうか?

――リポビタンゼリー/大正製薬
ソーシャルトレンドニュース

[ PR企画 / 大正製薬 ]

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。