記事

落ち目だったフェイスブックがコロナで見直されている件〜基本実名でつながりの安心感

コロナで自粛で家にいてネットを見ている人も多いと思うのだが、見直されているのがフェイスブックではないか。

フェイスブックは2018年頃よりアルゴリズムをころころ変えたり、改悪してしまったせいか
・いろんな人とつながりにくい
・同じ人ばかりでてくる
・くだらない投稿ばかりでてくる
・リンクが拡散しない
といった弊害がでて、フェイスブックをやめてインスタなどに流れる人が増えた印象だ。
しかしここにきてフェイスブックが見直されている気がするのだ。

ツイッターやインスタにはないフェイスブックの良さは基本実名によるつながりの安心感。
実名主義は厳密でなくなったものの、多くの人が顔出し実名が多いフェイスブック。
たとえばコロナ自粛で困っているから、買ってほしいといったことやマスクを大量に仕入れられるので、共同購入できますよ、といった助け合いもそれほど詐欺の心配をしなくてもいい。

もちろん詐欺なものもあるかもしれないが、ツイッターやインスタアカウントよりはるかに安心感がある。

またフェイスブックの良さはグループをつくれること。
コロナ訳あり商品のグループなどは、その最たる例でそこにいけばその情報を全部みれる。
ツイッターやインスタだとこうしたグループ機能はなく(ないですよね?)タグで検索するしかない。
しかもタグといってもスパムっぽい投稿も多く、またタグと関係のない投稿も多く必要な情報をみつけにくい。

コロナでリアルで何かすることができなくなりオンラインでとなった時も、フェイスブックでオンラインセミナーします、みたいな告知ならツイッターやインスタより安心感がある。 その人が信用できるかどうか情報量が多いからだ。

こうしたさまざまな要因からフェイスブックに戻ってきている人や、フェイスブックでの投稿を増やしている人も多いのではないか。 フェイスブックでは簡単にライブ配信ができる。 ライブ配信などここ1〜2年、誰もやらなくなったみたいに過疎っていた時期があったが、最近は頻繁にみるようになった。ZOOMなんかより気軽にみれるのでいい。

あとはツイッターやインスタは、よくもわるくも1対1のつながりになりがち。でもフェイスブックならコメント欄でコメントしている同士でつながれたりなど、コミュニティ力が非常に優れている。

無論フェイスブックにもデメリットはあり、災害情報やニュース、コロナ情報は断然ツイッターの方がいい。 ただ日々の生活や仕事や活動をしていく中で実名顔出しが多いフェイスブックなら、コロナ自粛期間は助け合い、つながりあい、自分の宣伝などもできるよいツールではないか。
字数制限もないのもいいところ。

フェイスブックを見直して活用してみてはどうだろうか?

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。