記事

【新型コロナウイルス】在宅でもネットで恋愛を オンラインデート機能追加のマッチングアプリ企業続々

Getty Images

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が叫ばれるなか、男女間の恋愛にも変化が起きている。インターネットを通したテレビ通話などで恋愛を楽しめる「オンラインデート」機能を、国内のマッチングアプリ経営企業が次々と導入。実際に会わなくても、恋人に巡り会えるオンラインラブが浸透しそうだ。

「スキンシップが取れない」「実際のデートよりも気軽だった」

500万人以上が登録するマッチングアプリ「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェント(東京都)は1日から、外出しづらいユーザーのための「オンラインデート」推奨プランを公開した。

同社によると、公開から1週間で利用者全体の約3割がオンラインデートに移行。同期間内にオンラインデートを通じてマッチングに至ったカップル数は1万件を超えたという。担当者は「想像以上」と口にする。

同社が推奨プラン公開前に行ったサービス利用者男女約1,000人に対する意識調査ではオンラインデートに関して「恋愛に発展しづらそう(36.9%)」、「難しそうだと思う(29.0%)」、「スキンシップが取れないのでデート向きではないと思う(20.5%)」といったネガティブな印象が上位に。オンラインデートへの抵抗感を持つ人が多いことがうかがえた。


一方、実際にオンラインデートをした人に向けたアンケートでは「外出に必要な準備がいらずに楽だった(33.3%)」「実際にデートをするより気軽に実施できた(29.8%)」など好意的な意見が多く聞かれたという。


累計会員数1,000万人を超える国内大手マッチングサービス「Pairs」を運営する株式会社エウレカ(東京都)も20日、アプリ内でビデオ通話ができる「ビデオデート」機能を開始。同日現在、iOSのみ対応で、Androidは順次対応予定としている。

五感から得られる情報少ないオンラインデート 各社は機能を工夫

初対面の人同士がオンラインでも親しくなれるような工夫をこらしている企業もある。

アメリカ発のレストランデートをマッチングするアプリ「Dine」を運営する株式会社Mrk & Co(東京都)は15日、レストランの料理注文の代わりに参加者ふたりへの「質問」を提供する「オンラインレストラン」という機能を開始した。

利用者は気になる相手とマッチングした後、オンラインレストランを予約。予約すると仮想のレストランに「入店」することができ、ビデオチャット機能がONになるという。

通常のオンラインデートと一味違うのはコース料理形式で「ふたりへの質問」が10個、利用者に提供されることだ。出身地や好きな食べ物などの基本的な質問から、相手の内面を知るための質問など幅広く設計されているという。実際のレストランデートと同様に、ドタキャンなどをするとキャンセル料を支払わなければならない「キャンセルポリシー」も設定されている。

株式会社Mrk & Co

こういった機能を実装した理由について同社の代表取締役CEO、上條景介さんは「オフラインのレストランデートを考えたときに、料理の注文やカウンター席であれば店員が話しかけるなど、もし会話につまってもふたりをサポートする要素はたくさんあります。しかし、オンラインにはそれがありません。また、知らない異性とビデオ通話でデートをするという経験はこれまでの世の中にはなかったものなので、困ったときに補助できるネタを提供できればと考えました」と話す。

1ヶ月でコロナが収束するならオンラインデートは不必要 中・長期的な展望で導入

上條さんは機能導入について「3月あたりからアイデアを温めており、3月25日の小池百合子都知事の会見を機に、開発の意思決定を行った」と振り返る。

オンラインデートの今後については「新型コロナウイルスをとりまく環境が5月中に収束するというなら、デート文化というのは変わるとは思えない」と指摘。「僕は中・長期化する可能性が高いとみています。そうなると、オフラインのデートでは会えないという状況が当たり前になってきます。リリースしたときは賛否両論が寄せられましたが、長期化すると『オンラインデートは必要』という声が社会全体で高まってくるはずです」

「今後ますますオンラインデートのニーズは高まる」と予想する上條さん。「そうなったときに良いデート環境を提供できるように、僕たちはいまから改善を続けていきます」と力を込めた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。