記事

男性仲良すぎはヤバい?フジ番組が「同性愛差別では」と波紋


「さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020」(フジテレビ系)が4月18日に放送された。同局系列のアナウンサーたちの“ヤバい疑惑”を紹介するという番組だったが、その内容が「同性愛者を差別してるのでは」と波紋を呼んでいる。

問題となったのは「上司と部下とで距離感が異常に近すぎる、おっさんずラブ状態のアナウンサー…ヤバくない!?」というコーナーだった。そこではプライベートでも旅行に行くほどの仲だという佐野瑞樹アナウンサー(48)と倉田大誠アナウンサー(38)が、2人きりで食事や温泉に行くシーンの隠し撮りが放映された。

食事の場面では佐野アナが嫌いなものを倉田アナに食べて欲しいとお願いしたところ、「どこか上司と部下のソレではない」とナレーションが入り「奇妙な距離感」というテロップが。ケーキを持って2人で佐野アナの自宅に訪れることになった際には、スタジオで「うわ」「マジ?」という声も漏れていた。さらに別の日に撮影された温泉のシーンで倉田アナが佐野アナにみかんを差し出したところ、「夫に尽くす新妻感が溢れ出す」というナレーションが。2人で風呂に入っているシーンにはスタジオで悲鳴も上がった。

VTRが終わると山崎夕貴アナ(32)は「衝撃映像でしたよね」といい、ハライチの澤辺佑(33)が仲良く入浴していたことに対して「『アッ』てなった」「2人お幸せに、ってことでいいんですよね」とコメント。明石家さんま(64)が「結婚すればいい」と囃し立てたところ、陣内智則(46)が「イヤやな、『佐野倉田熱愛』って出たら」と発言。すると、スタジオでは拍手と笑いが起こった。

男性2人が仲良すぎるのは、「ヤバい」ことなのだろうか。Twitterでは「同性愛差別では」と厳しい声が上がっている。

《2人の男性アナが仲良くて何が悪いの?それをスタジオ全員で笑いものにするって普通にヤバくない?同性愛とかLGBTとかそういう概念がお台場には存在しないんですか?》

《ゲイでないことを前提に「ホモネタ」で遊んでいる地獄の状況》

《男同士の同性愛を茶化してアナウンサーみんなで笑ってて、そんな人たちが真面目な顔して読むニュース聞けなくね笑》

《二人がたとえそれ以上の関係だったとしてもそれはそれで普通に素敵なことじゃないの…?まだLGBTへの偏見はなくならないのかなあ》

またドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)のファンからはこんな声も上がっている。

《おっさんずラブはそういう愛の形もいいよねみたいなんを世間に提示してくれたのに今回のアナウンサーのやつみたいな使い方されんの違うやろ》

《おっさんずラブという作品を本気で愛してたからこんな風に使って欲しくない、、てか男同士仲良くて何が悪いん?》

同局は17年9月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年スペシャルに石橋貴明(58)扮するキャラクター「保毛尾田保毛男」が登場。同性愛者を揶揄するやりとりがあり、批判が相次いだ。そのため「頂戴した様々なお叱りやご意見を真摯に受け止め、多様性(ダイバーシティ)のある社会の実現のために正しい知識を身に着け、より良い番組作りを進めて参りたいと考えております」と謝罪していたが――。今回の放送に多様性は感じられるだろうか?

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  8. 8

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。