記事

ビーチに地元住民の姿が多数…神奈川県知事の「湘南の海に来ないで」呼びかけに疑問

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、先週末にも各地の自治体が不要不急の外出自粛を呼びかけたが、神奈川県内では観光名所に観光客が詰めかけた。

地元自治体の観光協会はTwitterなどで訪問を控えるよう呼びかけていたものの、晴天となった19日には国道134号線では県外ナンバーの車も多く見られた。鎌倉方面から江ノ島までは片側1車線となり、その後平塚方面へ向かう途中も信号機で停止する場所が多い134号線だが、地域によっては渋滞も発生していた。

神奈川県の黒岩祐治知事は21日、こうした状況に危機感を示し「神奈川には、湘南の海には来ないでください。観光地には行かないでください」と呼びかけたと報じられている。

BLOGOS編集部

茅ヶ崎市の海岸近くに住む筆者が同日の日中、生活の必要に応じて外出すると、国道134号線では信号待ちで常時10台以上が混雑し、ビーチにはサーフィン客などが詰めかけ例年のサーフシーズンと同様の人出が見られた。

茅ヶ崎市をはじめ、鎌倉、藤沢、平塚といった自治体では緊急事態宣言を受け、県外からの観光客の流入を制限するため市営の駐車場を閉鎖し、民間事業者に対しても協力を呼びかけている。しかし依然として海岸周辺では営業を続けるコインパーキングがあり、また自動車移動であれば人との接触を避けられると考える人も多く、混雑につながったようだ。

ただ、海岸に訪れている客が全て県外や他地域からの訪問客とも考えにくい。茅ヶ崎市浜須賀付近の海岸では海岸入口や砂浜周辺に従来並みの数の自転車が駐輪する様子が見られた。

BLOGOS編集部

湘南エリアでは、サーフボードを載せるキャリー付きの自転車でビーチまで移動し、サーフィンを楽しむ人の姿がよく見られる。この日見られた通常並みかそれよりも多いこうした自転車の台数は、海に出ているサーファーのある程度の数が地元住民であることを窺わせる。

実際に自転車移動する地元のサーフィン愛好家からは「今日は人が多い」「他の地域からこっちに流れてきているようだ」といったコメントも聞くことができた。

新型コロナウイルスをめぐっては、集団感染が生じた場の共通点から密閉、密集、密接の「三密」を避けるよう呼びかけられているが、「三密ではない」という判断から運動不足解消のため屋外でスポーツを楽しむ人もいる。

自覚症状のない感染者の広域移動で感染を拡大する恐れもあり、黒岩知事による呼びかけにつながったと考えられるが、こうした状況を踏まえる限り今求められることは県外からの訪問者への自粛要請ばかりでなく、県内住民の意識を変革し、行動変容に繋げることではないだろうか。

クラスター防ぐことを主眼に進められてきた新型コロナウイルス対策だが、最近では人との接触を8割減らす必要があることがしきりに呼びかけられている。ただ県下の郊外エリアでは「人が少なく密集がない」「感染者がいない」といった理由から従来と変わらない生活を送る住民の姿も見られる。

知事は県外からの訪問者を槍玉にあげるだけではなく、当事者意識を持たせるべく新型コロナウイルスの怖さや取るべき対策について周知すべきだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。