記事

「今後はスーパーの買い物で感染る!」岡田晴恵教授が『モーニングショー』で本領発揮する理由

1/2
4月21日『モーニングショー』買い物の危険を訴える岡田晴恵教授(画面を筆者撮影)

 感染者の数が全国で増え続けている日本。

 4月20日(月)のテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』では岡田晴恵・白鴎大学教授がいつも通り警鐘を鳴らした。

 テレビの生放送の面白さは番組側が予め用意した通りに出演者が話を進めるとは限らないことにある。

 『モーニングショー』はそうした生放送でのトークを展開するのがとても上手だ。

 この番組が同時間帯で視聴率トップになっているのは、NHKも他の民放の情報番組が「段取り」をきっちり決めて「予め出来ている台本」に沿って進行が行われている感じが強いのに比べて、『モーニングショー』は司会の羽鳥慎一アナウンサー自身もテーマにきちんと勉強していて「トークの振れ幅」に余裕があるせいだと思う。多少脱線しても司会者として対応できるのだ。それゆえ、ゲストらが話しやすく、熱を帯びた真剣なトークになっていく。もともと予定調和ではない面白さがあったのだが、新型コロナ感染拡大というタイミングで岡田晴恵という人を捕まえてますます番組そのものがスリリングなものになっている。

 残念なことにネット記事などを読んでも岡田教授が話した詳しい内容までは書いていないことが多い。

 だが注意深く見ると、岡田教授はこの番組ではかなり伸び伸びと自分自身の問題意識を披露していることが分かる。

 この日の岡田教授の解説トークも真剣さがいつも以上でまさに番組進行の段取りを超えたものだった。

「感染者の総数だけじゃなく、何を指標にするかというと、死亡者の数なんです」

 岡田教授は自分のノートか何か書類を見ながら口頭で読み上げた。

「3月1日~10日は1日あたりの死者は0.5人
「11日~20日は1日あたりの死者は2人
「21日から30日は1日あたりの死者は2.3人」

 10日ごとの死者数を1日あたりで計算した数字だ。

 番組でも岡田教授と打ち合わせていなかったのかパネルやフリップなどにはこの数字は示されない。

「だんだん上がってきます」

 そう前置きして岡田教授は続けた。

「3月31日から4月9日は1日あたりの死者は4.2人

 いきなり倍近く上がった。

「で、ちょっと私が怖いのは…」

 少し言いよどみながら次の10日間の数字を読み上げた。

「4月10日~18日は1日あたりの死者は12.5人」

 さらに3倍に跳ね上がった。

 ここに来て死者の数が急増している。

(岡田晴恵教授)
「これっていうのは一つのメルクマール(指標)になると思うんですね。 けっして楽観できるような状況ではないと私は思っています」

0.5人→2人→2.3人→4.2人→12.5人

 岡田教授が口頭で読み上げた10日ごとの1日あたりの死者の数の推移である。

 文字に書いて推移を眺めてみると、その怖さが伝わってくる。 

 すでに日本でも毎日12人以上の人たちが新型コロナで死亡しているのだ。

 岡田教授は、日々発表される「新な感染者」の数がそもそも構造的に少なくなる理由があると警告した。

 東京都が発表する新たに判明した感染者の数(4月17日201人、18日161人、19日107人)も、PCR検査件数には限界があって進んでいないことや症状がひどくならないと検査してもらえないことなどで、この数字が本当の意味で感染者を反映したものになってないと訴えた。

 日々のPCR検査の中には一度陽性と判定されて入院した人も含まれる。今のルールでは、2度のPCR検査で陰性にならないと退院できないので日々の検査の数にはそうした一度陽性になった人への検査も含まれるのだという。

 このため日々のPCR検査がどこまで「新規の感染者」を捕らえるものになっているのかは疑わしいのだと説明した。

 PCR検査を大がかりに実施した韓国方式だったら見つかった可能性がある「新規の感染者」が、検査も受けずに自覚もなくウイルスをばら撒いている可能性を示唆していた。 

「軽症の人や無症状の人が野放しなわけでございます」

と発言している。

 それだけ市中感染(クルーズ船や病院内の感染などでなく、一般の人が日常的に利用する空間での感染)が広がっていると思われるが、私たちはそれを裏付ける正確なデータを持っていないというのだ。これは韓国のようにPCR検査の体制を作ってこなかった政治や行政のツケがここに来て出てしまっているというほかはない。

 番組では感染の経路に変化が出ているとして、東京都の新型コロナ対策担当者が次のように発言したことも紹介している。

(先週土曜・東京都担当者)
「感染場所について夜の街に関係ある人は全体の2.7%」
「濃厚感染者の4分の1が家庭感染」
(岡田教授)
「これは市中感染が通常に起こり得るということですね。
そうすると家庭内で当然、(外出)自粛でいるわけですから、かえってそこで感染者を増やしてしまうリスクがある。
だから家庭内にウイルスが入ってきている、市中感染が(そこに)ある、ということを想定すべきなんです。
本当に自粛だけで、行動規制だけで(感染者数が)下がり得るのか、ということになる」

 この日はフリーアナウンサーの赤江珠緒が夫婦で感染した話題をスタジオ展開していた。

 テレビ朝日でキャスターの富川悠太アナが感染した『報道ステーション』のスタッフであるの夫に症状が出て先に感染が判明した。

 妻である赤江も他人に感染させるリスクがあると判断して、担当するラジオ番組の出演を自粛して自宅に留まっていたが、その後に赤江自身の感染が判明して公表していた。夫婦には2歳の子どもがいるが、PCR検査の結果、この子は陰性だという。しかし、ウイルス感染で共倒れになった夫婦は現在、感染していない子どもを親や親戚などに預けずに自宅で子どもの面倒を見続けている。

 番組では赤江が以前発信していた“悩み”を取り上げた。

(赤江珠緒)
「わが家の場合は親が共倒れになった場合の子どもの面倒は誰がみるのかという問題があります」
 

 赤江夫婦にとっての問題は、子どもの預け先がないことと、もし預けてしまうと(もし子どもがウイルスを持っていた場合に)親や兄弟にうつすリスクがあるから、自分たちで面倒を見るしかないというものだった。

 こういう状態について羽鳥から話を振られた岡田教授は専門知識で本領を発揮した。

(岡田教授)
「私はこう思っていたんですよ。はじめからPCR検査をどんどんやってくれと言った理由というのは、それをやっていけばすでに無症状で陽性になったとか、軽症で陽性になったとか、(ウイルスの)抗体を持っている人がある程度分かってくるわけです。

そういう(抗体を持った)人は実はこういうときに働けるわけです。

そういう人材が確保できていれば、たとえば(赤江夫婦のように)こういう状態だからと言えば、
すでに感染して抗体が陽転しているような保育士さんが(赤江夫婦の家に)行ってくれるようなシステムができたかもしれないし、
たとえば病院その他で働くことができる人も出てくるかもしれない。
そういう場合はPPE(感染を防ぐための防護服、マスクや手袋などの防護具)も要らないかもしれない。

ただこのコロナに対してはどのくらいの抗体を持っていれば再感染しないかというのはグレーなんで。
あくまでも一般的な感染症ではそうだということなんですけれども。
やはり新型インフルエンザのパンデミックのときには家族がうち並べて寝る、というのが典型的な状況でございます。
ですから赤江さん、非常に辛いと思うんですけど、なかなか良いアイデアが私にもない。

ですから感染して抗体を持っているよという一種のパスポートを発行するなんていう国が出てきてるんです。
それは(ウイルスの抗体を持った人の)労働者としての確保ということもできるわけです。
こういうことも想定した対策をもっとやっておくべきだったと思います」

 すぐに実現は無理かもしれないが、新型コロナウイルスに対応する策が明確には見つからない以上、ウイルスの抗体を持つ人を確認することも重要な対策だと思わせる解説トークだった。

 翌21日(火)の『モーニングショー』

 先日に岡田教授がトークで触れた「抗体」について各国で検査が進みつつある状況が伝えられた。

 米カリフォルニア州では大規模な「抗体検査」を実施したという。検査自体は血液を少量採取して15分で判明するという。

 スタンフォード大学などの研究チームが検査の結果から、実際の感染者は確認された症例数の50倍~85倍以上の人がウイルスに感染した可能性があるという推測を発表した。

 この結果を岡田教授にぶつけたところ、けっして大袈裟ではない数字だという。

(岡田教授)
「そうだろうなと思います。症状が軽かったり、無症状だったりという人がけっこうな割合でおります。
PCR検査を積極的にやらなければこれくらい(実際の感染者は確認された人の50倍~85倍以上)だろうと思います。とにかく治ったという人は『IgG抗体』を持っている。それを見れば過去にかかったかどうかわかる」

 研究チームのこの推計は「全住民の2.5%~4.1%がすでに感染したと推計」したことで人口200万人なので4万8000人~8万1000人の住民が感染したのではないかという推計値を出している。

 これを見て岡田教授は次のように予測した。

(岡田教授)
(ウイルスは)集団で60%から70%の人が免疫を持つまで免疫を持つまで流行するので
たとえばここはここ(カリフォルニア州)はこれから流行する可能性が大きい

 「抗体」について岡田教授はいつも以上に饒舌だ。自身の専門領域なのかもしれない。

(岡田教授)
「日本でどれくらいの人がこの抗体を持っているのかというのが私のいまの興味でもあります。
これをやることによって、その集団でどれくらい免疫を持っているのか、政策のための基礎データになる
逆にこの基礎データがないと政策を決めるのに心理的なハードルが高い」

 番組では他の国でも抗体検査を実施している例を紹介した。

【ドイツ】
ドイツ北部ガンゲルト市
約400世帯1000人を検査
    ↓
住民の約15%がすでに感染していたと推定
(岡田教授)
「(この15%の人は)もしかしたら肺炎になっていた人もいたかもしれない。
軽症の人もいたかもしれない。とにかく15%という数字。これはけっこう多い。
ただ(集団の免役に必要な)60%に届きませんから、気温が落ちてくれば、(このガンゲルト市では)また第2波が来る可能性があるわけすね。
(また米カリフォルニア州で確認された症例数の)50倍~85倍以上(の人がウイルスに感染した可能性)という数字は重く受け止める必要があると思います。日本にしても。日本は調べないと分からないですけど
(羽鳥キャスター)
「目に見えている数字以上にと?」
(岡田教授)
「そうです。そのコロナの原因というのが無症状と軽い人が多いというのがバックグラウンドとしてこういうものを生み出すということ」
(羽鳥)
広めていくということ…

絶妙な羽鳥慎一キャスターの合いの手だ

 冒頭で筆者は羽鳥キャスターがそのテーマを勉強していることを挙げたが、こうした何気ない「合いの手」の言葉にも羽鳥アナの勉強ぶりが透けて見える。きちんと勉強して理解していないとこうしたアドリブのようなタイミングで「合いの手」を入れることなどできるものではない。

 この後、羽鳥キャスターが抗体検査を世界各国で続々と導入しようとする動きについて紹介する。

【米ニューヨーク州】
4月20日から
一日最大1万件の抗体検査
   ↓
今後
一日2万件に拡大へ

 ニューヨーク州クオモ知事の言葉も紹介した。

(ニューヨーク州クオモ知事)
「抗体検査をこの国のどこよりも積極的に取り組みたい」「検査することで我々が直面している現状が見えてくる」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。