記事

ソフトバンク「巨額赤字」招いた孫正義「若き3起業家」への溺愛 - 大西康之

1/2
今年2月、決算会見で「ウィーワーク」について説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長 (C)時事

「ソフトバンク・グループ」(SBG)は4月13日、2020年3月期末の業績予想を下方修正した。最終損益は7500億円の赤字、営業損益は1兆3500億円の赤字になる見通しだ。

 世界のベンチャー企業に8兆5000億円を投資した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)が1兆8000億円の投資損失を計上する。20億円の投資が9000倍の18兆円になった中国のアリババ・グループが命綱だが、「第2のアリババ」が見つからず、孫正義会長兼社長の投資戦略は、迷走を続けている。

「セクハラ」「暴言」「暴力」

〈嵐の前では臆病だと笑われるくらい守りに徹した方がいい。それが本当の勇気だと思う〉

 4月15日、孫氏は自らのツイッターでこう呟いた。新型コロナウイルスの影響で「大恐慌」が囁かれる中、「大赤字を計上したのは保守的な決算で守りを固めるためだ」という意味だろう。

 しかし、「守りに徹した」という孫社長の言葉を額面通り受け取るわけにはいかない。

 SBGの2020年1~3月期の最終赤字は1兆2265億円になったとみられ、日本企業の四半期の赤字額としては、2011年1~3月期に東京電力ホールディングスが計上した1兆3872億円に次ぐ、歴代2位の規模。東電はその後、事実上国有化された。SBGもまた、それに匹敵する危機にあると見るべきだ。

 孫社長が言う「嵐」、すなわち、新型コロナによる世界的な景気後退が、SVFの投資先の株価を押し下げた側面はある。だが、新型コロナ問題が顕在化する前から、投資会社としてのSBGには危険な予兆があった。

 それは、3人の若き起業家に対する、「溺愛」とも言える孫社長の入れ込みようだ。

 1人目は米配車アプリ大手「Uber(ウーバー)」の創業者、トラビス・カラニック氏。

 SBGは2018年1月にウーバーの発行済み株式の約15%を77億ドル(約8000億円)で買い取り、筆頭株主になった。その頃、ウーバーのサービスは世界70カ国以上に広がり、配車アプリとしては圧倒的ナンバーワンの地位を得ていた。

 ウーバーは2019年5月にニューヨーク証券取引所に上場。将来の自動運転市場でリーダーになると期待された同社の株式時価総額は760億ドル(約8兆円)に達した。SBGにすれば、8000億円の投資が、わずか1年4カ月で1兆2000億円と5割増しになったのだから、大成功だ。

 しかしSBG社内にも、この投資を危ぶむ声があった。SBGが出資した2018年の時点で、すでにカラニック氏には、社内のセクハラ疑惑などが持ち上がっていたし、進出した国の規制を無視して事業を広げる無鉄砲なビジネス・スタイルにも危うさがあった。が、孫社長のカラニック氏への「愛」は止まらなかった。

 カラニック氏は10代で調理用ナイフを売る商売を始め、18歳で初めて起業した。カリフォルニア大学ロサンゼルス校を中退し、仲間とともに検索エンジンを開発するも、複数の会社に訴えられて倒産。その後、自分が興したソフト開発会社も仲間割れで立ちいかなくなり、2007年に株を売却することで億円単位の資産を手にした。その金で世界を放浪。ウーバーを立ち上げたのは、2009年のことだった。

 孫社長はカラニック氏の破天荒ぶりを愛し、暴言を吐いたり、暴力沙汰を起こしたりする悪童ぶりにも目をつぶった。

「ジャック・マー以来のもの」

 カラニック氏よりさらに入れ込んだのが、今回のSBGの巨額赤字の最大の要因となった米シェアオフィス大手「WeWork(ウィーワーク)」の創業者アダム・ニューマン氏だ。

 孫社長がニューマン氏と出会ったのは、2016年1月。投資先を探しにインドを訪れていた孫社長は、ナレンドラ・モディ首相も参加した「スタートアップ・インディア」というイベントでスピーチするニューマン氏を見た。

「(アリババ創業者の)ジャック・マー以来のものを感じる」

 と、そのときの印象を孫氏は語っているが、要は一目惚れである。

 イスラエルのテルアビブ生まれで軍隊経験があり、モデルの妹をサポートするために渡米。2017年に初めてウィーに出資した孫社長は、その後も追加出資を続け、最終的には発行済株式の29%を握った。出資総額は実に91億5000万ドル(約1兆円、このうちSVFからの出資額は20億ドル)に及ぶ。

 ウィーのビジネスモデルはニューヨーク、ロンドン、東京など世界各都市でビルを借り上げ、シェアオフィスとしてベンチャー企業やフリーランスに賃貸するもの。

 今にして思えばよくある不動産のサブリースだが、孫社長は、

「AI(人工知能)を駆使してさまざまな才能を持つ人のローカルなコミュニティを世界中に作り、そこで新たな価値を創造する」

 というニューマン氏の壮大なビジョンに酔った。

 資金調達に成功したウィーは、約30カ国で一等地のオフィスをフロアごと、あるいはビルごと借りまくった。2019年8月に新規株式公開(IPO)を申請した時の目論見書に示されたウィーの企業価値は、470億ドル(約5兆円)とされており、SBGの投資は今度こそ大成功かと思われた。

 が、同年9月になると、ニューマン氏がウィーと行っていた個人取引が利益相反に当たると指摘され、IPOは取りやめになる。ウィーの信用力は暴落し、SBGは破綻を回避するため、これまでの出資とは別に総額1兆円規模の金融支援を余儀なくされた。

あわせて読みたい

「孫正義」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。