記事

池袋暴走事故から1年 遺族はTwitterで発信も被告の無言続く

(写真:時事通信)

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(88)の運転していた乗用車が池袋駅近くの路上で暴走し、母子が死亡した事件から4月19日で1年を迎えた。2人の遺族である松永拓也さん(33)は同日、ブログで「今日、一周忌を終えました」と報告。そして、こう明かした。

「最近は『心のコントロールが割と出来るようになってきている』と自分なりに思っていたのですが、4月19日になった瞬間から、予想していたよりずっと精神時にきつく、朝5時近くまで、様々な思いが巡り、眠れませんでした」

またブログで松永さんは当日、事故現場へ向かったともつづり「一年前の今、この場所で、二人は亡くなったのか」と思い涙したと語っている。

昨年4月、事故の直後に会見を開いた松永さん。同年9月、飯塚被告への厳罰を求める39万もの署名と速やかな送検や起訴を求める要望書を東京地検に提出した。続けてブログやFacebookを始動し、今年1月にTwitterやInstagram、そして3月にはYouTubeをスタートした。

苦しみながらも、家族のために行動する松永さん。一周忌を報告したブログのコメント欄には《お気持ちを思うと涙が止まりません》《休める時、頑張らず、時に自分にわがままに生きて下さい》と慮る声が上がっている。

いっぽう飯塚被告は昨年11月、TBS NEWSの取材に対し被害者への謝罪の言葉を口にしながらも「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような、外出できるような世の中になってほしい」と発言した。

各メディアによると事故を自動車の責任にしているとも取れる発言に対して、同月の会見で松永さんは「体が震え出して、怒りというよりはむなしくなってしまった」「加害者は、2人の死と向き合っているとは思えない」とコメントしたという。

ネットでも厳しい声が上がったが、飯塚被告は自身の言動に対する訂正はせず無言を貫いている。

「今年2月、飯塚被告は在宅起訴となりました。松永さんは、飯塚被告から『事故と向き合ってこれからどう生きるのか』を裁判で聞きたいといいます。法的な罪を償うことはもちろんですが、遺族の気持ちに応えることも飯塚被告の役目でしょう」(全国紙記者)

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。