記事

関係重視の判断

尖閣諸島に不法上陸し強制送還された香港のグループが、また10月に再上陸するというようなことを発表しております。

しかし、それが本当に行われるとしたならば、両国の関係において大きな損失となるということを、本政府はもっと明確に外交ルートを使って中国政府に示すことが重要なことであります。

次は、今回のような強制送還では済まないぞ、甘くはないぞということを、中国政府にもしっかりと認識させなければなりません。

今回は、野田総理は日中関係を優先するという、政治家として大きな視点で解決を図ろうとしていると、私は解釈しております。

韓国の李明博大統領やロシアのメドベージェフ大統領のように、自分の政権の維持や支持率アップのために民族主義に訴えるというやり方は、政治家として最低なやり方だと私は思います。

今回、野田総理は、起訴して拘留し、裁判を受けさせれば、日本国民から評価を得られたかもしれません。

ただ、日中関係を重視するという観点からして、大きな決断をしたということは、政治家として勇気ある行動だと思います。

私だったら違う判断をしたでしょう。

これからますます海上保安庁の強化・法の整備をしなければなりません。

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

  10. 10

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。