記事

ドイツ経済は厳しい後退局面、急速な回復の可能性低い=連銀月報

[フランクフルト 20日 ロイター] - ドイツ連銀は20日に発表した月報で、国内経済は厳しいリセッション(景気後退)局面にあり、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するためのさまざまな制限措置が長期間にわたって続く可能性があることから、急速に回復する可能性は低いとの見通しを示した。

ドイツは3月中旬から封鎖状態にあり、今後数週間で一部の規制を緩和することも議論されているが、経済活動は事実上の停止状態にある。

月報は「ワクチンといった医学的解決策が実現するまで、かなり大規模な制限措置が続く公算が大きい。こうした理由から、急速で力強い景気回復の可能性は現在のところ低いと考えられる」と指摘した。

国際通貨基金(IMF)は今年のドイツ経済が7.5%のマイナス成長に沈むと予想している。民間の調査機関による予想はレンジが広く、大方の調査機関が2009年のマイナス5%より悪い数字になるとの見通しを示している。

ドイツ連銀は自動車生産や家計消費の落ち込みに言及し、第1・四半期の数字はすでに深刻な影響を受けており、第2・四半期はさらに悪化すると警告した。

それでもなお、金融・財政面での緩和措置が景気回復を支えるとし、「ドイツ経済が自己促進的な下方スパイラルに陥る懸念は全くない」との見解を示した。

また、原油価格の下落が急速に顧客に波及し、インフレ率は今後数カ月間に急速に低下する公算が大きいと予想した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。