記事

灯の消えた吉原、歌舞伎町…新型コロナ緊急事態宣言下の盛り場はいま【止まり木の盛り場学 第7回】

3/3

対応にばらつきはあるものの、行政からの支援は評価

財政に余裕のある都は、休業をした場合の協力金(感染拡大防止協力金)を出すと表明しましたし、おカネに余裕がない神奈川県も国からの臨時交付金を充てて、「補償」はできないが「協力金」なら出せる、と表明しましたね。ナニ金であろうと霞が関文学に店主たちは付き合っている余裕はないので、出るならそれでいいと思います。

それにスタッフを雇っている場合なら、「雇用調整給付金」をもらえる可能性もあります。今、多くの人が注目しているのは、国が発表した「持続化給付金」です。これは要件もゆるく、飲み屋街の人に限らず、多くの事業者が受け取れそうで、私も期待しています。

ネオンに照らされる酔客の姿はない。横浜・福富町(4月14日、22時ごろ)

「持続化―」などは、書類を色々そろえなくても、ウェブでの申請ができるように準備を進めているようですが、一人で店をやる高齢のママさんなんかは、対応はできないと思います。今回、飲み屋街の人たちが使えそうな助成金を、こうしてざっと洗ってみましたが、中には「大幅簡略化」と省庁のサイトに自信たっぷりに記したものもありますが、それでもかなり煩雑で説明もわかりにくいです。

提案したいのは、地域の飲食業組合などが一括で代理申請できる仕組みです。これを盛り込めないと、休んだのに救済されない人が出てしまうんじゃないかと心配になります。

それでも今回、色々な店主や関係者さんの声を聞き、「苦境での明るさ」をあらためて感じました。悲壮感ある話し方を皆さん、しないんですね。私に配慮して明るく振る舞ったということを割り引いて考えたにしても、「しょうがない」とか「なるようになる」と感覚を持っている人が多いのだと思います。

いい時も悪い時もあるのが水商売、一喜一憂しない、と。このメンタリティがないと乱高下のある夜の街ではやっていけないのだと思います。でも一方で「明るさは強さだが、弱さと表裏一体」だとも私は思います。

ふたたび、隣りの人と肩が触れ合う距離で酒が飲みたい

盛り場でお店をやっているような人たちは、声を上げないから、我慢強そうだから、あの人たちは大丈夫だろう、とサポートをしてもらえなかったり後回しにされる弱い立場に置かれやすいんです。それに、一般市民も夜の街なんて不要不急だ、と一段軽く見ているようにも思います。ですが彼らにも家族や暮らしがある普通の人々なんです。

飲食情報を扱ってきたなら、「色」がつくことを恐れず情報発信を

それともう一点。盛り場最大の危機を前にして、私の同業の発信者たちがレポートしたり具体的に補償のあり方などについて意見を述べたりするのをそれほど多く見かけないのが気になりました。

この国の人々も、海を渡ってくる人々も癒やしていたかつての灯

もちろんそのスタイルもありだとは思いますが、今日現在、歴史の一場面に我々も立っているんじゃないでしょうか。この瞬間、我々発信者もどういう立ち振る舞いをすべきか問われているところもあるかな、と。

補償や事業再建のことを考えていくと、ストレートに政治とも繋がります。今後の仕事上、そういった「色」がつくのを避ける人が多いのかもしれません。考え過ぎかもしれませんがただ黙っていて、収束後は「あのコロナを乗り越えた店主の心意気」と書いていいのか、自分の場合はちょっと迷いがありますね。少しはネオンの光に恩返しできるものを発したい。そして遠くない未来にまた、幻惑されたいな、と思っています。

(取材日 4/13、14)

プロフィール
渡辺豪(わたなべ ごう):「カストリ出版」代表、「カストリ書房」店主、遊廓家。IT企業でデザイナーなどを務めた後、2015年に遊廓に関する書籍を発行する「カストリ出版」を設立。2016年には遊廓、色町、盛り場等の出版物を中心に扱う書店「カストリ書房」をオープン。
カストリ書房 東京都台東区千束4-39-3
・Twitter:@yuukakubu

フリート横田(ふりーと よこた):文筆家、路地徘徊家。編集集団「株式会社フリート」代表取締役。戦後~高度成長期の路地、酒場、古老の昔話を求めて徘徊。昭和や酒場にまつわるコラムや連載記事を執筆。テレビ朝日「モーニングショー」にて昭和の魅力を伝えるコーナーに出演中。著書に『東京ノスタルジック百景』『東京ヤミ市酒場』『昭和トワイライト百景』など。今年、新刊上梓予定。
・YouTubeチャンネル:路地裏の泥酔者
・Twitter:@fleetyokota

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  10. 10

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。