記事

麻薬取締官も驚いた、女子中学生が大麻に手を染めた裏事情

1/2

反社勢力と結びつきそうもない「普通の人」が、なぜ薬物に手を染めるのか。元厚労省麻薬取締官の瀬戸晴海氏は「日本は『アジア最大の覚醒剤マーケット』と呼ばれ、薬物汚染が深刻化している。日本人は薬物に対する警戒感や危機意思が足りない」という——。

深刻化する日本の「薬物汚染」

——麻薬取締官について、教えてください。

元関東信越厚生局麻薬取締部長の瀬戸晴海氏(写真撮影=渡邉茂樹)


厚生労働省の麻薬取締部(通称マトリ)は、薬物の取り締まりを任務とする国の捜査機関です。麻薬や覚醒剤などの違法薬物の取り締まる専門家集団で、300人ほどの小さな組織です。医療現場で使われる正規麻薬(医薬品)の流通を監視するという行政業務も有しています。

私は、約40年間、マトリとして薬物捜査に携わってきました。採用された当時は、第2次覚醒剤乱用の最盛期と呼ばれ、毎年2万人が検挙されていました。


押収薬物は覚醒剤が中心で、大麻やコカインなど、4、5種類でしたが、現在は合成麻薬や危険ドラッグ、向精神薬などが加わり、40種類を超えています。

今では検挙者が年間1万人台に減少しましたが、犯罪自体が複雑・巧妙化しており「薬物汚染」は深刻化しています。

——今年1月には初めての著書『マトリ 厚労省麻薬取締官』(新潮新書)を出しましたね。

世界の薬物情勢は、非常に危機的な状況にあります。大麻、ヘロインやコカインといった旧来の薬物だけでなく、覚醒剤やNPS(危険ドラッグ)などが急速に蔓延している。全世界の麻薬取引総額は推定50兆円以上の規模に膨れ上がっています。

UNODC(国連薬物犯罪事務所)の報告書によると、全世界の薬物使用者は推定2億4300万人。それも薬物使用者の増加率と世界の人口増加率と同程度と分析されています。単純計算すれば、毎年約243万人が増えていることになります。

海外では「奇跡の国」と呼ばれるが、事態は深刻

その中で、日本は「奇跡の国」と言われてきました。世界レベルで見ると薬物犯罪や乱用者は極めて少ない水準だからです。しかし、現実には、危険な状況にあります。世界中の薬物犯罪組織が膨大な覚醒剤を送り込んできている。同時に若者を中心に大麻が爆発的に流行。インターネットでも平然と薬物が売買されており事態は深刻です。

今、何が起きているのか。どういう問題があるのか。実は身近に迫っている薬物の問題を多くの方に知ってもらい、関心や問題意識を持っていただきたい。そういった狙いで、まず新潮45(月刊誌)『新潮45』で4回連載し、その後、新潮新書として大幅に書き下ろしを加えました。

そうやって、かなり労して、まとめあげる形で、『マトリ』の刊行にいたったわけです。執筆には必ずしも前向きでありませんでしたが、新潮社の編集担当者の情熱にほだされたというのも事実ですね。

——本を出版して、どんな反応がありましたか。

「日本の薬物犯罪史と麻薬取締官の活動実態が理解できた」「薬物問題に関心を持った」「読んで得する本だ、多くの人が読むべきだ」などうれしい感想をいただいております。

とりわけ、「大義を持って働くということ:あなたは何のために働くのか、その問いを突きつけて、本書は終わる。」という幸脇啓子さん(元・月刊「文藝春秋」編集部次長)の書評には感激してしまいました。全くの素人が書いた本ですが、少しはお役に立てたのかと、思っております。

日本は「アジア最大の覚醒剤マーケット」

——薬物と言えば、覚醒剤のイメージがあります。

日本でも多種類の薬物が出回っていますが、圧倒的に多いのが「覚醒剤」です。現在、日本は「アジア最大の覚醒剤マーケット」と呼ばれ、海外の薬物犯罪組織がこぞって狙っています。

覚醒剤がこの4年連続1トン以上押収され、2019年は2トンを超えました。この2トンという数字をどう見るかというと、初心者の覚醒剤の不正使用は、大体0.03グラムを使います。2トンは6000万回分ですね。末端価格で1200億円に上ります。

にもかかわらず、末端価格にほとんど影響がない、というのをわれわれ肌で感じています。つまり覚醒剤は波状的に密輸されている。そしてわれわれの想像を超える乱用者が存在しているということです。

——薬物を使っている人はどんな人ですか。

薬物事件の被疑者として、最近では、中央官庁の職員、新聞社、放送局、大手企業の会社員、教職員、芸能人、それに中高校・大学生も相次いで逮捕されました。さらに、何日か前には自衛官も……。忌々(いまいま)しき事態です。

彼らはどう考えても反社勢力とは結びつかない普通の人たちです。それが今相次いで逮捕されている。日本人の薬物に対する危機感が低下しているとの印象を受けますね。

ネットやSNSで簡単に手に入る現状

——犯罪とは無縁に思える一般の人が、なぜ薬物に手を染めるのでしょうか。

友人や知人、彼氏から勧められるケースが多いですね。多くはやっぱり好奇心なんですけど、勧められて断り切れなかったとか、「まあ、少しはいいんじゃないか」と安直な考えから入り込む場合が目立ちます。仕事や人間関係のストレスから手を染める人もいます。

入り口は、身近なところにあります。例えばツイッター。「拡散していただいた方に1gプレゼント」「キャンペーン中」という販売広告もあるくらいです。

ある若者がそのキャンペーン中に応募して当たる。当たるとうれしくなるんですね、実際にそれを吸ってみる。結構いいものだ、と無自覚にレビューする……。警戒心が低下している表れなのです。

——インターネット、SNSの影響は大きいですね。

ネットは自分の見たい情報だけを見ることができます。それ以外は眼中に入りません。アメリカの一部の州やカナダなど一部の国で大麻が合法化した国があります。

それなりの事情があっての苦肉の策なのですが、それが誤解され、大麻は無害だとか、そういう誤った情報が氾濫している。これが、危機意識や警戒感を低下させる原因になっていると思います。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。