記事

アイサイトを生んだスバルはなぜ自動運転車を作らないのか

1/2

自動車メーカー各社が自動運転技術の開発を進める中、スバル(SUBARU)は自動運転に参入しないことを明言している。その理由は、前身の中島飛行機時代から受け継がれている徹底した「安全思想」にあった――。

※本稿は、野地秩嘉『スバル ヒコーキ野郎が創ったクルマ』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

スバルはアイサイトなど先進技術を持つ一方でレース活動にも注力。その結果、多くのファンを獲得できている

スバルはアイサイトなど先進技術を持つ一方でレース活動にも注力。その結果、多くのファンを獲得できている - 提供=SUBARU

創業期から一貫して注力してきたもの

森郁夫が社長を辞め、後任が吉永泰之になったのは2011年の6月。東日本大震災の直後だった。そして、森、吉永の時代に富士重工は成長する。

毎年、販売台数を伸ばし、106万台を売るようになった。しかし、それでも世界の自動車販売シェアから見ればわずか1パーセント。量販車を出している自動車会社のなかではもっとも小さな会社である。

では、その会社の技術面での大きな特徴とは何か。

自動車の速さを実現することでもなければ車体デザインの流麗さの追求でもない。燃費が他社の車に比べてひときわ抜きんでているわけでもない。そして、もはや水平対向エンジンでも四輪駆動でもない。

彼らが創業期から一貫して注力してきたのが「安全」だった。

中島飛行機にフランスからやってきたアンドレ・マリー技師が口を酸っぱくして日本人技師に教えた「搭乗者の安全を守る設計」が富士重工の技術の本質だ。

スピードを上げること、エンジン出力の増大、スタイリッシュなデザインの開発もやってきたには違いないが、根底にあるのは事故を起こさない安全性、事故が起こったとしても、乗員や巻き込まれた歩行者を守る安全技術を貫くことだったのである。

元航空機メーカーが掲げる「0次安全」とは

「うちは航空機メーカーです。私はそう思っています」

そう語るのは樋渡穣。安全技術の開発一筋にやってきた男で、2008年から搭載されている同社独自の安全技術「アイサイト」に関わってきた。

「私だけでなく、入社してきた技術者のほとんどは車よりも飛行機を作りたくて入った人間です。そこが他の自動車会社とは違います。それに、飛行機って、落ちたら搭乗者の命が失われます。落ちない飛行機を作るのが我々というか中島飛行機の技術者の使命でした。それと同じ意識で僕らは自動車の安全を考えてきたのです」

彼は続ける。

「整理すると、うちの会社が考える安全の方法は四つです」

ひとつめはまず0次安全である。これは同社の造語だ。

一度、聞いただけではわからない言葉だが、つまりは車自体が安全の思想で成り立っているということだろう。同社の車は基本の骨格が安全を重視している。これもまた航空機の技術からきている。

隼などの戦闘機は前後左右から敵機が近づいてくるのを素早く感知しなければならなかった。そのために視界のきくように飛行機を設計している。

つまり、パイロットが乗る操縦席窓を大きく作るのが中島飛行機の伝統だった。

高さを変えられるヘッドライトを初めて搭載

その精神を受け継いで、スバル360は窓を大きく取り、ピラーを細くした。その思想を守り「窓を大きく」はそれ以後の車も採用している。

他社の車では車体の後部を高くするデザインがあるが、そうしたら後ろの視界が狭くなってしまう。スバルの車にはそういったデザインはない。

日本で初めて「デフロスター」(霜取り装置)を標準装備したのも同社だ。デフロスターがあれば視界がクリアになる。

加えて、高さを変えられるヘッドライトも同社が初めてだ。スバル360はバンパーに手を突っ込んで、ライトの高さを調整できるようにした。

これは荷物をたくさん積んだりして車体が重くなると、ライトの位置も低くなってしまうからだった。安全を考えると、前方を広く照らさなくてはならない。そこで、可変式ヘッドライトを考えたのである。

走る、曲がる、止まるの機能のすべてを安全に保つ

また、水平対向エンジンと四輪駆動も0次安全および、二つ目の方法であるアクティブセイフティ(走行安全)につながる安全な仕組みだ。

水平対向エンジンは左右対称で、しかも車の真ん中の低い位置にエンジン本体を置くことができる。

一般的な車が載せている直列エンジンは形自体が左右対称ではない。エンジンとはそれ自体が重いものだから、左右非対称のエンジンを車の真ん中に置いても、重心は中心線からずれてしまう。

左右対称の水平対向エンジンを載せていることは重心の安定につながり、そして重心の安定はアクティブセイフティにつながる。

また、四輪駆動であれば、4つのタイヤがつねに接地して動力を伝えている。これまた安定がいい。同社が開発した得意技術には安全の思想が最初から含まれている。

走行安全が達成されていれば水たまりでも、雨の高速道路でも安心して走ることができる。

走行安全のために同社は四輪駆動車に初めてアンチロックブレーキを採用した。このため雪道で横滑りすることはまずなくなった。急にアクセルを踏んでもスピンしないようなトラクションコントロール、横滑りを防止するビークルダイナミクスコントロール……。

走る、曲がる、止まるの機能のすべてを安全に保つ機構を開発することが文化となっているのは、戦前のマリー技師の指導が徹底していて、同社技術者の体質になっているからだろう。

昔の開発者が考えた「轢かれた人を網ですくう」装置

三つ目がパッシブセイフティの実現である。

パッシブセイフティとはつまり、衝突時の安全を確保するという技術だ。

スバル360の開発者の百瀬はスバル360を開発していた頃からすでに工場内にコンクリートの壁を作り、時速40キロで壁に衝突させる実験を繰り返した。

実験をやったことで、ぶつかった後、車がつぶれても乗員を守るような構造にしたのである。

「搭乗者を守る」のは百瀬にとって当たり前のことだったからだ。

そして、その時に百瀬は不思議な装置を考えている。

実用化はしていないが、車にぶつかってきた歩行者を網ですくいとる装置だ。歩行者がぶつかったとたん、車体の前からするすると大きな網が出て、人をすくい取る……。

そんなマンガみたいなアイデアまで総動員して、衝突した時の安全を考えていたのである。

その結果、今でもむろん車内にエアバッグが装備されているだけでなく、歩行者が車にぶつかった時にも車体の前部でかつ外側にあるエアバッグが作動するようになっている。

あわせて読みたい

「スバル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。