記事

<新型コロナ>なぜか勝ち誇る韓国「コロナ革命だ!」

1/2

世界的パンデミックが続く新型コロナ。アメリカが追及するWHO批判に対して、「台湾の報告が悪かった」と言い逃れしようとするなど、場外乱闘も起きています。
また、世界的に経済活動も収縮していることから、世界恐慌が起きるかもしれないなど、2次影響、3次影響に繋がる可能性も高くなっています。
こんな状況ですが、なぜか韓国だけやたら元気です。

■勝利宣言する韓国

>>
「文大統領「韓国は世界が注目する国になった…『ポストコロナ』真っ先に準備」」
新型コロナの防疫成果を強調して「韓国は防疫で見せた開放的・民主的・創意的対応と国民の偉大な市民意識によって全世界が注目する国になった。世界で感染者が2番目に多かった危機の国から、韓国型防疫モデルが世界的標準になり、韓国産防疫物品が全世界に輸出される機会の国に変わった」と評価した。
https://japanese.joins.com/JArticle/264850

選挙で大勝したからか、「世界に注目されている!」と大喜びです。
初動対策を間違えてパンデミックを引き起こした過去が、無かったかのような文大統領の演説ですね。

「文大統領「新型コロナ、遠からず終息…経済回復の流れをよみがえらせなければ」」中央日報(2020.02.13)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、新型コロナウイルス(コロナ19)事態に関し「コロナ19は遠からず終息するだろう」としながら「今後は政府と経済界が一致協力してコロナ19の被害を最小化し、経済回復の流れをよみがえらせる努力を傾けるとき」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/262559

2月13日に「遠からず終息」と演説した後に、爆発的感染(パンデミック)が起きてからまだ2か月なのですが。当時は猛烈な批判が起きたんでけど、選挙結果を見ると、この頃の批判はもう無かったことになってしまったようです。

この文大統領が言及した「世界が韓国に注目している」というフレーズは、今の韓国でもっとも流行っています。

いや、ただの流行りではありませんね。韓国の昼のワイドショーのような番組では、特に異様な熱っぽさを感じます。

「ポストコロナ」って、個人的に違和感がある言葉の使い方ですが、「世界の支配構造が大変革を起こしている」と、まことしやかに語られています。

■「これは革命である」

「中国は「新型コロナ戦争」で勝利したのか」ハンギョレ(2020.04.15)

冷戦終焉以後30年の米国一極体制、長くは19世紀から続いてきた西欧による支配体制が終着駅に向かっているという分析が続く。

中国は、米国の混乱と対比される指導力を示し得た重要な機会を逃した。「マスク大乱」を経験したことで中国に生産基地を集中させてきた副作用を痛感した米国や欧州などが、グローバル・サプライチェーンの大手術に乗り出し、中国からの工場の撤退に本腰を入れれば、さらに大きな挑戦が訪れるだろう。

リーダーが消えた「Gゼロ」時代に、韓国は大国のモデルに従う事大主義から脱し、自ら地図を作りながら進む、その出発点に立っている。「コロナ革命」が世界を再設定したことで、重要な課題が迫ってきている。

http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/36332.html

ほんの2、3週間前まで語られていたのが、「欧米はコロナによって没落し、中国を中心とした新たな東洋時代がやってくる」という、ハンギョレ紙辺りが時々書く記事みたいな話でした。

これが一部の新聞だけでなく、テレビやインターネットなどで広く語られるようになって、「え?」と思っていたら、さらにそこから変化したのです。

引用した上のハンギョレ紙の記事が典型なのですが、アメリカや日本がサプライチェーンから中国をはずす政策を表明したことから、「中国は世界筆頭国の座を逃した」という分析が大勢になりました。

じゃあ誰が世界筆頭国になるのか。そこで出てくるのが、文大統領が高らかに宣言した「ポストコロナ」「世界が韓国に注目している」宣言なのです。

つまり「韓国に世界筆頭国になるチャンスがやってきた!」ということなんですね。例によってハンギョレ紙が書いてるだけなら、「ああ、はいはい。いつものハンギョレね」で済んでたのですが、今の韓国はいろんなメディアがこのことに言及しています。

それはもう「コロナに罹って熱に浮かされたよう」です。「全能感」に支配された韓国は、これからどこに行くんでしょうか。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。