記事

東京五輪目指す白鵬、「5月場所休止」は願ったり叶ったりか

東京五輪延期で引退プランも…(時事通信フォト)

 角界でも新型コロナ感染力士が出たが、相撲協会は「幕下以下」を理由に力士名を公表しない。

「個人情報だといって部屋名すら公表しない方針にした。ところが報道陣の質問に広報部は“横綱・大関の部屋ではない”と即答。3月場所後にタニマチを呼んでパーティをしたのは優勝した白鵬の宮城野部屋と、大関昇進を決めた朝乃山の高砂部屋だけ。わざわざ明言したのはパーティの参加者が動揺しないようにとの配慮だったようだ」(相撲担当記者)

 協会が神経質になる理由は、「5月場所をどうしても強行したいから」(同前)とみられている。力士感染を受けても、開催は既定路線だという。

 協会の姿勢には反発の声が上がる。執行部と距離を置く若手親方は「中止すべき」と言い切る。

「緊急事態宣言を受けて、部屋の中でも“密着自粛”としてぶつかり稽古などはNGになった。四股やテッポウばかりでは相撲勘が失われてしまう。そんな状態で本場所を迎えれば怪我人が続出する」

 その意見に同調しそうなのが、力士の頂点に立つ白鵬だという。

「家族の感染をとても心配しており、稽古どころか誰とも接触したくないと部屋にも顔を出さなくなった。自宅のトレーニングマシンで“稽古”に勤しんでいるそうです。

 もともと白鵬は東京五輪開会式の土俵入りを花道にするつもりだったが、延期で引退プランも先延ばし。年齢による衰えと怪我が恐い。程よく休みながら1年を過ごしたいところでしょう」(協会関係者)

 白鵬は昨年3月場所で優勝すると、5月場所は全休。それ以降、“1勤1休”の1年を続けてきた。「休み癖」への批判もあるが、5月場所が中止なら文句も出ない。

 しかも他のスポーツの流れを見れば、「中止を提案すれば賞賛される」(前出・担当記者)のは明らかだ。開催へ突き進む八角理事長ら協会幹部は、白鵬が“物言い”をつけるか不安で仕方ない?

※週刊ポスト2020年5月1日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。